芦田愛菜、国民祭典の祝辞を回顧「緊張しました」 | RBB TODAY

芦田愛菜、国民祭典の祝辞を回顧「緊張しました」

エンタメ その他
芦田愛菜【写真:竹内みちまろ】
  • 芦田愛菜【写真:竹内みちまろ】
 芦田愛菜が、7日放送の『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃんSP』(テレビ朝日系)に出演。国民祭典の祝辞について振り返る一幕があった。


 先月9日に開かれた、天皇陛下の即位をお祝いする「国民祭典」。芦田はそこで約2分半にわたり祝辞の言葉を述べ、語彙力を生かした言葉選びと、堂々とした話しぶりに称賛が集まった。

 これについてサンドウィッチマン伊達みきおが「感動した。本当にすごかったですよ」と切り出し、「すごい緊張したでしょ?」と質問。芦田は素直に「そうですね、はい」と答えた。

 伊達が「あれと比べたらこれ(この番組)なんか屁でしょ?」と言うと、
芦田は苦笑いを浮かべながら「そんなことないです」と否定。伊達が「みんな感動してたよ本当に」と言うと、彼女は「ありがとうございます」と、逆に感謝。

 伊達は相当感動したらしく、なおもこの話題について言及。「俺、そんな方と一緒に番組やってるんだ。凄い、凄いというのは知ってたけど、やっぱり凄いんだなあ」と、芦田を激賞。

 「どうでした?ぶっちゃけ」と尋ねると、芦田は「緊張しました」とだけ回答。伊達は「国を代表しての祝辞ですから(自分でも)すごいなって思ってもいいと思うよ」と求めていた。

《杉山実》

関連ニュース

特集

page top