白石聖、『世にも奇妙な物語』初出演・初主演!最後は本人も驚くまさかの展開に?! | RBB TODAY

白石聖、『世にも奇妙な物語』初出演・初主演!最後は本人も驚くまさかの展開に?!

11月9日放送の『世にも奇妙な物語‘19秋の特別編』(フジテレビ系)にて、エピソードの1つ「恵美論」で白石聖が初出演にして初主演を果たすことが分かった。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 11月9日放送の『世にも奇妙な物語‘19秋の特別編』(フジテレビ系)にて、エピソードの1つ「恵美論」で白石聖が初出演にして初主演を果たすことが分かった。

【PR】田中みな実が衝撃の1st写真集!早くも大ヒットの予感!

 2016年放送の連続ドラマ『AKBラブナイト 恋工場』(テレビ朝日系)でデビューしたのち、近年はCM、映画などにも活躍の幅を広げる白石。今年放送された連続ドラマ『絶対主義』(東海テレビ・フジテレビ系)にも出演し、冷酷さと狂気を秘めた役どころを演じたことも記憶に新しい。

 そんな白石が今回演じるのは、女子高生の吉村恵美。舞台となるのは、ある日の授業中。睡魔に勝てず居眠りしてしまった恵美。ふと目が覚めると、教師が恵美の生い立ち、家族構成などを話している。さらに、教科書の教科名は「恵美論」に変わっていた。驚く恵美だったが、教師も周りの生徒も、「恵美論」が「日本史」や「物理」といった教科の一つという認識だ。放課後、廊下を歩いていると学年一のイケメン男子・伊澤亮介(山下航平)にぶつかる。亮介が持っていたのは「恵美論」の参考書。「恵美」が昔から好きだと聞いて「恵美論」の話だと分かりつつ、舞い上がる恵美だったが……?

 白石は同ドラマ初出演について、「ずっと幼いころからテレビで見ていた歴史ある番組に、まさか自分が出演できることをとてもうれしく思います」と喜び。今回の役どころについては、「少し流行り物に流されやすく、勉強に恋愛に青春真っただ中の日常を過ごす、“ザ・女子高生”です。自分では理解しがたい奇妙な出来事が起こりつつも、どこか楽観的な部分が魅力のキャラクターだと思ったので、移ろいやすくコロコロ変わる感情を大切に意識しました」と語った。

 注目シーンについては「ラストシーンでは私自身予想していなかった演出が加わり、まさかの展開に陥るので、そこを楽しんでいただきたいです」と期待が高まるコメント。「今回初出演させていただきます、白石聖です。青春の爽やかさとクリーピーな要素が交わった、とてもユニークなお話になっています。是非ご覧ください」と視聴者に呼び掛けている。

 『世にも奇妙な物語‘19秋の特別編』(フジテレビ系)は、11月9日21時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top