花澤香菜、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』出演決定!作中では九州の方言も | RBB TODAY

花澤香菜、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』出演決定!作中では九州の方言も

第二次世界大戦中の広島・呉を舞台としたアニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月20日より公開となる。このほど、同作に人気声優・花澤香菜の出演が決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
  • (C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
  • (C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
 第二次世界大戦中の広島・呉を舞台としたアニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月20日より公開となる。このほど、同作に人気声優・花澤香菜の出演が決定した。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 『この世界の片隅に』は、2016年11月12日に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70以上の賞を受賞。新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』では、すず、リン、周作ら、それぞれの登場人物の内に秘められた“想い”を片渕須直監督が映像化。『この世界の片隅に』を原型とした新たな物語が描かれる。

 新たに出演が発表された花澤は、すずが遊郭で出会うもう一人の女性、九州出身のテル役に決定。花澤といえば、『言の葉の庭』や『はたらく細胞』などの話題作に出演したほか、数々のTVアニメ・劇場アニメに出演。今作への出演については、「ずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした」と喜びのコメント。「原作を読みながら、自分なりにテルちゃんの描かれていない部分も想像して収録に臨ませていただきました。さらに多くの方に観ていただけますように」と語っている。

 また、花澤の出演解禁にあわせて、テルの本編シーンの映像も解禁。手に息を吹きかけて寒さをこらえながら南の島の絵を描いてあげるすずに、「そげん南の島がよか。よかねぇ...」と九州の方言で嬉しそうに話しかけるテルの切なくも愛らしい声が確認できる。

 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、12月20日より公開。

《KT》

関連ニュース

特集

page top