日本のVR作品としては初!『攻殻機動隊』がベネチア国際映画祭で上演! | RBB TODAY

日本のVR作品としては初!『攻殻機動隊』がベネチア国際映画祭で上演!

VR作品『攻殻機動隊 GHOST CHASER』が第76回ベネチア国際映画祭でVR部門コンペティションに日本のVR作品としてはじめて正式招待され、プレミア上映された。

エンタメ その他
日本のVR作品としては初!『攻殻機動隊』がベネチア国際映画祭で上演!
  • 日本のVR作品としては初!『攻殻機動隊』がベネチア国際映画祭で上演!
  • 日本のVR作品としては初!『攻殻機動隊』がベネチア国際映画祭で上演!
  • 日本のVR作品としては初!『攻殻機動隊』がベネチア国際映画祭で上演!
  • 日本のVR作品としては初!『攻殻機動隊』がベネチア国際映画祭で上演!
  • 日本のVR作品としては初!『攻殻機動隊』がベネチア国際映画祭で上演!
  • 日本のVR作品としては初!『攻殻機動隊』がベネチア国際映画祭で上演!
 漫画、劇場映画、テレビアニメほかさまざまなメディアで展開され、世界的な人気を誇る『攻殻機動隊』。このたび、同作を題材としたVR作品『攻殻機動隊 GHOST CHASER』(2018年からダイバーシティ東京プラザのVRライド型アトラクション施設『hexaRide(ヘキサライド)』で稼働中)が第76回ベネチア国際映画祭でVR(ヴァーチャル・リアリティ)部門コンペティションに日本のVR作品としてはじめて正式招待され、プレミア上映された。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 映画祭には同作を手掛けた東弘明監督が登壇。ベネチア現地時間の9月6日にイタリア・ベネチア、ラザレット・ヴェッキオ島で行われた「VR部門トークイベント」に出演し、体験型VR作品である同作の見どころを熱く語った。

 今回の上映に東監督は「現代の科学技術にブレイクスルーがおこり、『攻殻機動隊』が描いていた未来に現実が近づきつつある今この時に、攻殻の世界を VR(バーチャルリアリティ)という表現で描くということに必然性を強く感じていました。今回の映画祭で、世界の多くの方々に本作をご覧頂けたことは、自分にとって大きな喜びでした」とトークイベントの中で喜びを話していた。

 また、ベネチア国際映画祭VR部門担当者のミッシェル・ライアック氏からのコメントも到着。ミッシェル氏は毎年約200作品のVR作品の中から最新のVRの動きを代表する作品として、約40本をセレクトしていると言い、今回『攻殻機動隊 GHOST CHASER』を選んだ理由については「ビジュアルデザイン、ストーリー展開のペース、音楽、こだわりぬいたチェースの複雑な構成など、様々な面から見て、素晴らしい完成度だと判断し、コンペにふさわしい作品だと決めました」とコメント。

 また、ベネチア映画祭のVR部門会場が16世紀の建物であることについて触れ、「長い歴史を持っているこの16世紀の建物において、未来のテクノロジーの世界を描いている『攻殻機動隊~』を上映することこそ、映画祭という枠の中で現実の過去と可能な未来が同じ場所と時間を共有することになり、ベネチア国際映画祭ならではの感動的な体験を生み出していると思っています」と話していた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top