「医療ドラマという以上に、実は家族の物語」……斎藤工主演『最上の命医 2019』放送決定 | RBB TODAY

「医療ドラマという以上に、実は家族の物語」……斎藤工主演『最上の命医 2019』放送決定

テレビ東京は8月3日、今年秋に斎藤工主演ドラマスペシャル『最上の命医 2019』を放送すると発表した。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
 テレビ東京は8月3日、今年秋に斎藤工主演ドラマスペシャル『最上の命医 2019』を放送すると発表した。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 同ドラマは、2011年1月クールの連続ドラマから始まり、2016年、2017年にはスペシャルドラマが放送された『最上の命医』シリーズ最新作。自ら病に冒されながらも、消えそうな小さな生命に極限まで向き合う小児外科医・西條命を斎藤工が演じる。

 看護師の多岐川菜月と共に、房総の田舎町の診療所で臨時医師として働いていた西條(斎藤)。チョークをかじる異食行動の女児・中園柚をケアする一方、手術不可能と診断された男児をオペで救うため、東房総医療センターの中込隆三院長の協力要請を受けていた。そんな中、房総刑務所に服役していた佐久間耕作が脱獄したというニュースが世間を騒がす。そして柚が突然姿を消してしまい・・・?今回の『最上の命医』は怒涛の急展開。誘拐、脱獄、オペ室占拠等、様々な事件の連続で病院内は大パニックに!そんな状況の中、斎藤演じる命は、変わらず生命と向き合い続けることができるのか?!

 斎藤は、『最上の命医 2019』放送決定について「8年やらせて頂いていると、医療器具や医学の進化が目に見えて僕でもわかる位に変わってきていて、開胸するオペが少なくなったり、AIがどんどん医療のなかに取り入れられたり、常にこの作品は時代のターニングポイントに置かれているなという事を今回感じました」とコメント。

 さらに、今回の見どころについては「一見かなり究極の状況ではあるのですが、今や報道になっているニュースの方がドラマを超えてしまっている、そういう凄惨なニュースも多いというのも事実です。正義と悪の見え方が一つ角度を変えるとまた違う見え方をしてくるという部分は、とてもタイムリーだなと思いました。僕らが報道によって知っているものは、一つの側面だと思うんです。今回の物語は、悲しさを含みつつも、医療ドラマという以上に、実は家族の物語として少し違う角度にメスをいれているんじゃないかなと思っています」と語っている。

 なお。番組HP(https://www.tv-tokyo.co.jp/meii2019/)掲示板には、斎藤工から視聴者に向けて、"西條命/斎藤工"としてメッセージが掲載されているので、あわせて注目だ。
《KT》

関連ニュース

page top