泰樹の一発で夕見子の駆け落ちに終止符!『なつぞら』第95話 | RBB TODAY

泰樹の一発で夕見子の駆け落ちに終止符!『なつぞら』第95話

本日19日放送のNHK連続テレビ小説『なつぞら』第95話では福地桃子演じる夕見子の駆け落ちに終止符が打たれた。

エンタメ 映画・ドラマ
(C) NHK
  • (C) NHK
  • (C) NHK
  • (C) NHK
  • 泰樹の一発で夕見子の駆け落ちに終止符!『なつぞら』第95話
 本日19日放送のNHK連続テレビ小説『なつぞら』第95話では福地桃子演じる夕見子の駆け落ちに終止符が打たれた。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 北海道の家族に駆け落ちしたことがばれてしまい、「なつ(広瀬すず)、あんたうちの家族に喋ったしょ。裏切ったしょ」と怒りをあらわにした夕見子は、数日間働いた分の給金をもらうためにおでん屋「風車」を訪れた。言い合いになるなつと夕見子。さらに夕見子の駆け落ち相手・高山(須藤蓮)も本気で駆け落ちが上手くいくと思っていなかったと告白。続けて高山は夕見子に暴言を吐き、またもやけんかが始まってしまう……。

 2人のけんかを終始聞いていたなつは、涙を流しながら「夕見は、子どもの頃から甘えたりしなかった」と言い、夕見子が甘えられなかったのは自分のせいと、彼女をかばいながら訴えた。

 高山が風車を出ようとすると、そこには十勝から駆けつけた泰樹(草刈正雄)の姿が。泰樹は高山を殴り倒し、夕見子に「迎えに来た。一緒に帰るべ」と言う。夕見子は泰樹の胸に飛び込み安心した表情で涙を流すのだった。家族に甘える夕見子の姿に安心した視聴者も多いことだろう。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top