純烈リーダー酒井、紅白再出場への思いを語る!「改めて気を引き締めて、夢をつかみたい」 | RBB TODAY

純烈リーダー酒井、紅白再出場への思いを語る!「改めて気を引き締めて、夢をつかみたい」

エンタメ その他
純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)、SKE48・高柳明音【撮影:小宮山あきの】
  • 純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)、SKE48・高柳明音【撮影:小宮山あきの】
  • 酒井一圭(純烈)【撮影:小宮山あきの】
  • 純烈(小田井涼平、酒井一圭)、SKE48・高柳明音【撮影:小宮山あきの】
  • SKE48・高柳明音【撮影:小宮山あきの】
  • SKE48・高柳明音【撮影:小宮山あきの】
  • SKE48・高柳明音【撮影:小宮山あきの】
  • SKE48・高柳明音【撮影:小宮山あきの】
  • 純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)、SKE48・高柳明音【撮影:小宮山あきの】
 スーパー銭湯アイドル「純烈」の酒井一圭、小田井涼平、白川裕二郎、後上翔太とSKE48の高柳明音ほかが24日、都内の「東京お台場 大江戸温泉物語」で行われた「大江戸温泉金魚物語」~金魚祭りアート博覧会~オープニング・セレモニーに出席した。

 「大江戸温泉物語」は今夏、アクアリウムクリエイター宮澤雅教氏のプロデュースによる“生きた芸術の金魚”と“現代アート”を組み合わせたアクアリウムを展開。江戸の町並みに流れる水音や、数々の金魚が彩る華やかな空間で「和の心」を演出する。

 水色の帯を締めた浴衣姿で登場した高柳は、「帯も可愛くやってもらって、テンションが上がっています」とにっこり。「温泉は好き?」と聞かれると「大好きです。プライベートでも行ったりします。大江戸温泉にはずっと来たかったので、すごく嬉しいです。私はカメラをやっているので、色々なところで写真を撮りたいです」と声を弾ませた。

 純烈リーダーの酒井は「スーパー銭湯アイドルとして純烈が頑張っている中、ついに金魚までやってきたということで、強力なライバルでございます。我々は(ファンに)おばちゃん世代が多いので、おばちゃんがめっちゃ喜ぶと思います」と話して、笑いを誘った。

 金魚を水槽に入れる「金魚着水式」が行われると、高柳は自身が水槽に入れる金魚に「花火」と名前をつけ、「先ほど(水槽を)見て、泳ぐ花火みたいで綺麗だな~って思ったので、私が名前をつけさせていただく子がこの中の光の一つになったら嬉しいなって思いました」とコメント。実際に桶に入った金魚を水槽に入れると「自分の頭の上から入れたので、線香花火みたいで綺麗だなって思いました」と笑顔で感想を語った。

 小田井は「僕たちは着水式を前にもやったことがあるんですけど、自分たちが名前をつけた一代目の金魚が死んだんですよ」と明かし、「死なないことを祈るばかりです」と本音を語り、笑いを誘った。

 また「金魚すくい」をやったことがないという高柳が、金魚すくいに初挑戦する一幕も。高柳は、金魚すくいの全国大会2位の経歴を持つ石川ことみ氏に金魚すくいのコツを教わると、「難しそう~。1匹は取りたいです」と意気込み。制限時間1分間以内に二匹の金魚をすくうと「やった~うれしい」と大喜びで「初めてだったんですけど、落ち着いてできました。これから夏に挑戦したいなと思います」と笑顔を弾けさせた。

 終盤では、純烈が5月に発売した新曲『ハッピーバースデー』を披露。「今年も紅白出場を目指している?」と意気込みを聞かれた酒井は、「スーパー銭湯と健康センターで僕たちを応援してもらっていて、今日も昼夜(チケットが)ソールドアウトなので、改めて気を引き締めて、ファンのみんなに喜んでもらえるよう、いい夢をつかめるように頑張りたいです」と紅白再出場への熱い思いを語った。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top