加藤浩次、田口被告の土下座は「彼が選んだ謝罪の形」 | RBB TODAY

加藤浩次、田口被告の土下座は「彼が選んだ謝罪の形」

加藤浩次が10日放送の『スッキリ』(日本テレビ)で、大麻取締法違反の罪で起訴された元KAT-TUN・田口淳之介被告の土下座謝罪について言及した。

エンタメ その他
加藤浩次【写真:竹内みちまろ】
  • 加藤浩次【写真:竹内みちまろ】
  • カンニング竹山【写真:竹内みちまろ】
 加藤浩次が10日放送の『スッキリ』(日本テレビ)で、大麻取締法違反の罪で起訴された元KAT-TUN・田口淳之介被告の土下座謝罪について言及した。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 加藤は「この謝罪の形というのは彼が選んだことだから、誰もやらせたわけじゃないと思う」とした上で、「彼が選んだこの形っていうのは賛否あっていいと思うけど、そこに結論ってないと思う。土下座やりすぎだろとか、見てて切なくなるとか、こんなパフォーマンスすんじゃねーよとか、いろんな意見あると思う。でもその意見ってあんまり意味なくて、彼がこれを選んで、今後どうするかということなんだよね」と土下座謝罪について自身の見解を語った。

 一方、同日の『ビビット』(TBS)ではカンニング竹山が「土下座が硬いのよね。ちょっとね。土下座したことないからドラマの土下座なのよ」と土下座にまさかのダメ出し。竹山が言うには、田口被告の土下座は本気のそれにしてはきれいすぎるとのことで、「一回(土下座の仕方)聞いてくれたら何度でも教える」「本当に変わって土下座して上げたいくらい」と話していた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top