富田望生、役作りで15キロ減量……プロ意識にSNS驚愕 | RBB TODAY

富田望生、役作りで15キロ減量……プロ意識にSNS驚愕

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に出演していた富田望生が、15日放送の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP』(同系)に出演。女優としてのポリシーを明かし、SNS上で話題となっている。

エンタメ その他
 『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に出演していた富田望生が、15日放送の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP』(同系)に出演。女優としてのポリシーを明かし、SNS上で話題となっている。


 『3A』のほか、15日からは朝の連続テレビ小説『なつぞら』でヒロイン・広瀬すずの親友役として登場している富田。そんな彼女が「特技」として挙げたのが「体重調整」。

 2015年の『ソロモンの偽証』で映画初出演を果たした際、もともと細かったが、役柄のために体重を増やしたそうで、以来「役によってさらに増やしたりとか、作品がお休みの期間は痩せてみたりとか」と体重コントロールをしていると言及。

 「『ソロモンの偽証』の時はどれぐらい増やしたのか」聞かれると、「15キロぐらい」と一言。それも2~3か月で達成したといい、お餅を頻繁に食べて成し遂げたと語った。

 有田哲平からの「やせた人の役と言われたらやる?」という質問には「やりますね」と即答し、ダイエットもいとわないと明言した。そんな富田の姿勢にSNS上では「デニーロ・アプローチの役者だったのか!」と、役に応じて体重や見た目を変化させる名優ロバート・デ・ニーロに例えたり、「女優魂すごいわ」「プロ意識の塊、かっこいい」など絶賛の声が相次いだ。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top