上白石萌歌、『3年A組』最終巻を迎え心境「今まで演じてきた役の中でいちばん、根底で繋がれていた」 | RBB TODAY

上白石萌歌、『3年A組』最終巻を迎え心境「今まで演じてきた役の中でいちばん、根底で繋がれていた」

エンタメ ブログ
上白石萌歌、『3年A組』最終巻を迎え心境「今まで演じてきた役の中でいちばん、根底で繋がれていた」
  • 上白石萌歌、『3年A組』最終巻を迎え心境「今まで演じてきた役の中でいちばん、根底で繋がれていた」
  • 上白石萌歌、『3年A組』最終巻を迎え心境「今まで演じてきた役の中でいちばん、根底で繋がれていた」
 女優・上白石萌歌が11日、ブログを更新。テレビドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ)の最終回を迎えた今の心境をつづった。


 同作は卒業直前のタイミングで菅田将暉演じる美術教師・柊一颯が担任するクラスの生徒29人を人質に取り、自ら命を落とした景山澪奈(上白石)の死の真相について卒業式までの10日間で「最後の授業」を行うという衝撃の学園ミステリー。

 約2ヵ月ぶりに「景山澪奈」と題してブログを更新した上白石は「さて、書きたいことは山ほどあるのですが」と前置きをした上で、「ひとまずは 3年A組最後まで見届けていただき本当にありがとうございました!!」と感謝を述べ、「すべてのことが繋がり、解き明かされた最終話。みなさんはどんなことを感じたでしょうか?」と問いかけた。

 上白石は、「この3ヶ月間は景山澪奈、彼女の痛みに寄り添えるよう、死について考え、向き合おうとしていました」と振り返り、景山澪奈役を通じて「死とは何なのか、彼女をそこまで追い詰めたものは、彼女の痛みは、心の叫びは、どれほどのものだったのか。考えても考えても、やっぱり最後までたどり着けなかった。でも必死に考えた。この問題提起は、きっと死ぬまで続くんだろうな。そして気づいたのです、死を考えることは生を考えるのと同じことなのかもなって」と学んだことを記した。

 また、自身が演じた景山澪奈について「今まで演じてきた役の中でいちばん、根底で繋がれていたような気がする」と心境をつづり、「だれかに、あなたに、届いていたら嬉しいな」「そして澪奈のような想いを抱えている人がひとりでも減ることを、心無い言葉が飛び交う今の世の中が少しでも優しくなることを、心から祈っています」と思いを明かした。

  ブログの最後は共演者やスタッフ、そして視聴者に感謝をつづり、「おわりははじまり。春の匂いを少し鼻先に感じながら新たにがんばります。またねーー!」と意気込みを新たに締めくくった。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top