亀梨和也、ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』で自身初のソロ主題歌担当へ | RBB TODAY

亀梨和也、ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』で自身初のソロ主題歌担当へ

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 4月スタートの木曜ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)で、亀梨和也が主題歌を担当することが決定した。亀梨がソロで主題歌を担当するのは自身初となる。


 『ストロベリーナイト・サーガ』は、ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川玲子率いる姫川班メンバーが難事件解決に立ち向かう物語。姫川が最も信頼を寄せバディを組むのは、姫川とは真逆のタイプで謹厳実直な巡査部長・菊田和男。姫川を一番近くで支えるその姿は献身的な騎士(ナイト)のようでもある。演じる亀梨和也は「格好良くスーツを着こなすというより、若干ボテっと見えるように、外見の個性ではなく、内面がどう滲み出るかを大事にしていきたい」と役作りに挑んでいる。

 そんな亀梨が歌う新曲タイトルは「Rain」。『ストロベリーナイト』に登場するのは、それぞれに事情を抱え、もがき苦しみながらも懸命に生きる人間たちばかりだが、そんな人たちの心を優しく包み込むような、深い愛をテーマに制作された楽曲に仕上がっているという。

 また、このほど同ドラマのポスタービジュアルも完成。撮影が行われたのは、都内某所の地下駐車場。原作が持つリアリティあふれる警察描写を大切に、臨場感あふれる世界観が表現されている。“いちご”、“パトカーのランプ”、“血”など、『ストロベリーナイト』の世界から想起される“赤”がコンセプトカラーに設定されており、ポスターの全面から“ストロベリーカラー”が発せられるデザインに仕上がっている。

 なお、このポスタービジュアルは3月25日よりJR渋谷駅、新宿駅、池袋駅にて先行して掲出され、4月1日からは恵比寿駅(東京メトロ日比谷線ホーム)、大宮駅でも展開予定。桜が咲き誇る季節を、鮮やかな“ストロベリーカラー”で彩るビジュアルに注目だ。
《KT》

関連ニュース

page top