さかなクン、「ハコフグ帽」に込められた思い明かす | RBB TODAY

さかなクン、「ハコフグ帽」に込められた思い明かす

さかなクンが20日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演。ハコフグの帽子に込められた思いを明かした。

エンタメ その他
さかなクン《写真:中村好伸》
  • さかなクン《写真:中村好伸》
 さかなクンが20日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演。ハコフグの帽子に込められた思いを明かした。


 さかなクンといえば、「ハコフグ帽」がトレードマーク。今回、番組ではさかなクンが普段被っている学帽タイプの「ハコフグ帽」以外に4種類の帽子を紹介。野山や海に行くときに被るというカジュアル用や、夏用のメッシュタイプ、海に潜る時の水中用、さらに楽器を吹くときに使用する帽子なども披露された。

 そんなハコフグ大好きなさかなクンはハコフグとの出会いについても番組で言及。さかなクンがハコフグと出会ったのは当時小学3年生だった頃。家族旅行で福島を訪れた際に魚屋の水槽でハコフグを発見し、そのフォルムのかわいらしさと他の魚からの体当たりにも負けず必死に泳ごうとする姿に心を鷲掴みにされたのだとか。

 さかなクンは「なので私も大人になってドンっとぶつかっても(あの時のハコフグのように)パタパタと頑張らなきゃなっと」と「ハコフグ帽」に込められた思いを明かした。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top