misono、売名批判に言及「仕事が増えたわけではありません」 | RBB TODAY

misono、売名批判に言及「仕事が増えたわけではありません」

歌手のmisonoが22日、夫でロックバンドHighsidEのドラマー・Nosukeが「精巣がんによる胚細胞腫瘍」を公表したことで自分や夫に「売名行為だ」とネット上で批判の声が上がっていることについて自身のブログにつづった。

エンタメ ブログ
misono《撮影 大野雅人》
  • misono《撮影 大野雅人》
 歌手のmisonoが22日、夫でロックバンドHighsidEのドラマー・Nosukeが「精巣がんによる胚細胞腫瘍」を公表したことで自分や夫に「売名行為だ」とネット上で批判の声が上がっていることについて自身のブログにつづった。


 これまで「売名行為だ」という批判のコメントには反論してこなかったmisonoだが、「今までは、 書いてきませんでしたが! 初めて、言いたくなってしまいました」と切り出すと、「10/31に、エイベックスをやめたのですが。11月に『円満退社した』と、報道されてから……スケジュールが、一気に埋まったので! 有り難い事に……12月も、オフがありません。だから取材は『昼に入れた仕事』と『夜にある仕事』の合間に、詰め込むか……もしくは、全ての仕事が終わってから……0時以降に、電話やメールで対応していただくか。なので……Nosukeが公表したから『仕事が増えた』訳ではありませんので」と夫の「精巣がん」公表で仕事が増えたわけではないと説明。

 一方で、自身のそういった批判については「すでに『炎上クイーン&お騒がせタレント&嫌われ者』だから……」と諦めている部分もあるようだが、闘病中のNosukeにも「売名行為」を指摘する批判があったという。「Nosukeは『検索に引っかからなくても良いから』と“misono”とは、載せずに……『嫁』としてきた人なんです。そこだけは、ご理解ください……」とつづった。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top