武田真治、筋トレは精神安定剤「世の中に90キロ持つより辛いことない」 | RBB TODAY

武田真治、筋トレは精神安定剤「世の中に90キロ持つより辛いことない」

武田真治が、26日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。趣味である筋トレについて持論を述べた。

エンタメ その他
(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
 武田真治が、26日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。趣味である筋トレについて持論を述べた。


 筋トレ番組『みんなで筋肉体操』(NHK)で注目を集め、筋肉キャラとしてすっかり定着した武田。ここで彼のトレーニング中の写真が公開。そこには20キロの重さのバーに、プレートという円盤形の重りを両側にどんどんつけ、合計90キロのバーベルを上げる武田の姿が。

 スタジオはその「90キロ」という重さにどよめき、さらにトレーニング器具の写真がジムではなく自宅のものだと分かるとさらに驚き。そんな中、武田は筋トレについて「もはや僕にとって精神安定剤なんです」と語り、「90キロを10回持てたりすることで(精神が安定する)」と続けた。

 さらには「世の中って90キロ持つより辛いことはなくて」と主張し、「肉体をコントロールしている僕には精神があるってことで、これをやって出かけると安心して出かけられる」とも語った。

 チュートリアル福田充徳が、「どこかでマッチョになったらもっとモテるんじゃないかという気持ちはなかった?」と聞くと、武田は「最初はなかった」としながら、「途中からは夏が来るのが楽しみだった」と本心を吐露。「見せたがってますやん」とツッコまれていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top