グラビア界で話題沸騰中の関根優那、浅川梨奈&大原優乃に次ぐ「3人目」に意欲 | RBB TODAY

グラビア界で話題沸騰中の関根優那、浅川梨奈&大原優乃に次ぐ「3人目」に意欲

今年7月に所属していたアイドルグループ・Cheeky Paradeが解散しソロ活動をスタートさせた関根優那が18日、都内にて、「2019年カレンダー」の発売記念イベントを開催した。

エンタメ グラビア
関根優那【写真:竹内みちまろ】
  • 関根優那【写真:竹内みちまろ】
  • 関根優那【写真:竹内みちまろ】
  • 関根優那【写真:竹内みちまろ】
  • 関根優那【写真:竹内みちまろ】
  • 関根優那【写真:竹内みちまろ】
  • 関根優那【写真:竹内みちまろ】
  • 関根優那【写真:竹内みちまろ】
  • 関根優那【写真:竹内みちまろ】
 今年7月に所属していたアイドルグループ・Cheeky Paradeが解散しソロ活動をスタートさせた関根優那が18日、都内にて、「2019年カレンダー」の発売記念イベントを開催した。

 関根は、グループ解散後、主演舞台も行い本格女優活動をスタートさせた。10月からグラビア界に本格参入を果たし、雑誌にて大胆ワイルドな黒ビキニ姿などを披露。SNSでは、肩出しボディスーツに網タイツ&ピンヒールを着用した大胆セクシーなバニーガール姿のオフショットを公開するなど、話題沸騰中だ。

 同カレンダーの撮影は解散ライブの約1週間後に行った。黒と白の2種類の水着カットが収録されているが、その水着姿での撮影が、水着撮影としては初めてのものになったそう。初の水着撮影の感想を尋ねられると、「めちゃくちゃ緊張しました」と回顧。「恥ずかしさがちょっとあったのですが、(撮影の)シチュエーションと水着がめちゃくちゃかわいかったので、グラビアのイメージがここで変わりましたし、普段撮影をする感覚とそんなに変わらず、リラックスしてできたのではないかと思います」と声を弾ませた。

 黒の水着カットについては「ちょっと大人っぽい形でセクシーな感じで撮って頂きました」と、白の水着カットについては「幼い感じで。バスタブの中でシャワーを出しながら撮りました」と紹介。カレンダーの自己採点を求められると「75点」とし、100点満点に至らなかったマイナスの25点については、「24歳のスタートから25歳の私は伸びしろがある年にしたいと思います」とコメント。

 2018年を「激動の1年でした」と振り返り、「7年間やったグループ・Cheeky Paradeが解散をしまして、そこから一人になるのはすごく不安だったのですが、今のところ舞台を主演で2本続けてさせて頂いたり、グラビアのお仕事も立て続けにさせて頂いたりと、本当に恵まれた環境でスタートダッシュを切ることができました」と続けた。「もともと女優志望だったので、自分の夢一本に向かってがんばることができる環境はすごくありがたいことだと思います」とも。

 グラビア活動については、「身長も高いわけでもなく、ナイスバディでも、巨乳というわけでもないので(笑)、不安だったのですが、撮ってみて、24歳に見られない童顔な顔だったり、低身長というのはグラビアで活かせることなのかなと思いました」と手応えを言葉に。

 同じ事務所の後輩となる浅川梨奈は「1000年に一度の童顔巨乳」のキャッチフレーズで人気を集めているが、キャッチフレーズについては「それがなくて。ぜひ付けてほしいのですが、同じ事務所の浅川みたいなキャッチフレーズもなかなかつけられるものではないと思いますので」と告げ、「自分の名前以上に知ってもらえる機会ができるキャッチフレーズがほしいなと、今、模索中です」と言葉に。

 今後の目標を質問されると、「今年は舞台をたくさんやらせて頂いたので、次はドラマや映画の作品に少しでも出られたらいいなと思います。グラビアでは表紙を飾ってよりたくさんの方に知ってもらうことが目標です」と目を輝かせた。グラビアでは特に「浅川と(事務所が同じ大原)優乃ちゃんに次ぐ、(浅川や大原とはタイプとして)また違った形のエイベックス界のグラビアの3人目になれたらいいなと思っています」と笑顔を弾けさせた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top