井浦新、改名の裏で起きた衝撃事件明かす「すげぇムチャクチャ」 | RBB TODAY

井浦新、改名の裏で起きた衝撃事件明かす「すげぇムチャクチャ」

井浦新が、17日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。2012年からそれまで名乗ってきたARATAから本名に戻して活動しているが、その改名の裏で起きた事件を語った。

エンタメ その他
井浦新【写真:竹内みちまろ】
  • 井浦新【写真:竹内みちまろ】
 井浦新が、17日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。2012年からそれまで名乗ってきたARATAから本名に戻して活動しているが、その改名の裏で起きた事件を語った。


 同年、井浦は主演映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』で作家・三島由紀夫を演じたという。その際、若松孝二監督から、「この映画は日本というものを表したい」と作品に込めた思いを聞いていたARATA。そんな“日本”を前面に出している映画のエンドクレジットにいきなりアルファベットで「ARATA」と出てきたら、「自分がお客さんだったらシラける」とARATAは考えたという。

 そこで彼は若松監督に「本名に戻してもいいですか?」と相談したのだとか。だが監督からは「バカヤロー」と怒鳴られたそう。さらに「名前を戻したら、誰が主演か分からない」と叱責されたのだとか。だが一方で、監督は、映画のことを考えて名前の変更を申し出てくれた井浦に敬意を表し、改名を認めてくれたそう。

 だが映画を試写した際、井浦はびっくり。「これで井浦新(の文字が)初めて出てくるなと思ったときに流れたエンディングが、海外の歌だった」と回顧。

 衝撃のオチにTOKIOも大笑い。松岡昌宏は「ARATAで良かったんじゃ……」と言えば、長瀬智也も「日本にこだわってきたのに」と指摘。井浦は「すげぇムチャクチャだなと思って」としながらも、若松監督に対して「かっこよすぎる」と感動すらしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top