人工知能とヒロインが対談!アニメ『イングレス』に登場するADAが番組を進行 | RBB TODAY

人工知能とヒロインが対談!アニメ『イングレス』に登場するADAが番組を進行

フジテレビは、10月17日からTVアニメ『イングレス』(毎週水曜日24時55分~)の放送を開始する。このほど、同アニメのトーク番組『ADAの部屋』の配信がスタートした。

エンタメ その他
(c)『イングレス』製作委員会
  • (c)『イングレス』製作委員会
  • (c)『イングレス』製作委員会
  • (c)『イングレス』製作委員会
  • (c)『イングレス』製作委員会
  • (c)『イングレス』製作委員会
  • (c)『イングレス』製作委員会
  • (c)『イングレス』製作委員会
  • (c)『イングレス』製作委員会
 フジテレビは、10月17日からTVアニメ『イングレス』(毎週水曜日24時55分~)の放送を開始する。このほど、同アニメのトーク番組『ADAの部屋』の配信がスタートした。


 「Ingress」は、2013年に公式ローンチされ、世界200以上の国と地域で配信。2000万ダウンロードを突破する、AR(拡張現実)を活用したスマートフォン向け位置情報ゲームだ。開発・運営を行うのは2015年9月にGoogleから独立し、「Pokemon GO」もリリースしたNiantic, Inc.。プレイヤーは参加時に「エンライテンド」か「レジスタンス」どちらかの陣営を選び、「ポータル」と呼ばれる拠点を巡って陣取り合戦を行う。そして、それだけにとどまらず、現実世界のプレイヤーの行動によって変化するストーリー、複雑なキャラクター、暗号解読などの謎解き要素が、世界中のプレイヤーを熱狂させている。

 アニメ『イングレス』の主人公・誠は幼い頃から、触れた物の記憶を読む、奇妙な力を持っていた。制御できないその力を隠しながら警察の特殊捜査官として働く彼は、未知の物質「XM」の研究所爆発事故現場で不可解な記憶を見る。事故の唯一の生存者、サラの指環に残されていた記憶。それは人が赤い光に飲み込まれ、消失する光景だった。巨大な陰謀に巻き込まれていくマコト。人間の精神に影響する物質「XM」を巡る戦いが、始まる。

 そしてこのほど、テレビアニメ『イングレス』の放送開始に向け、緒方恵美が演じるゲーム『Ingress』のガイド役として、アニメ本編にも登場する人工知能キャラクター「ADA(エイダ)」によるトーク番組、題して『ADA の部屋』の配信がスタート。同番組では、人間に興味を持った人工知能・ADA がホスト役となり、『イングレス』にまつわるゲストを招き、作品について、そして人間について理解をしていく。

 第一回目は、ヒロイン・サラを演じる上田麗奈がゲストに登場。ADAが様々な質問をぶつけていく。前代未聞の人工知能とヒロインによる対談に注目だ。すでにTwitterではショートVer.の配信がスタート。ロング ver.は、10月5日18時より、「YouTube チャンネルプラスウルトラ」(https://www.youtube.com/channel/UCZ3oKO_3ntPUsISIVc5V8GQ)にて配信される。


《KT》

関連ニュース

page top