野村萬斎、狂言師としての苦悩と葛藤を本音で語る! | RBB TODAY

野村萬斎、狂言師としての苦悩と葛藤を本音で語る!

国分太一と真矢ミキのMCを務める『ビビット』。21日放送の話題の人物の生き様に迫る「人生シリーズ」コーナーでは稀代の狂言師・野村萬斎を特集する。

エンタメ その他
(C)TBS
  • (C)TBS
 国分太一と真矢ミキのMCを務める『ビビット』。21日放送の話題の人物の生き様に迫る「人生シリーズ」コーナーでは稀代の狂言師・野村萬斎を特集する。

 650年以上続く“狂言”を受け継ぐ1人として、年間300回以上の公演を行う萬斎。狂言師としてのみならず舞台演出も手がけ、「世田谷パブリックシアター」の芸術監督としても活動中。さらに、東京2020オリンピック・パラリンピックの開閉会式のプランニングチームにも抜てきされるなど、幅広く活躍している。

 萬斎の祖父は狂言の第一人者として活躍した人間国宝の六世 野村万蔵。また、父も同じく狂言の名人で人間国宝の野村万作。狂言師の家に生まれた萬斎は3歳で舞台に立つことが決められており、幼少期から友達と自由に遊ぶことも許されず、厳しい稽古に耐え続けていたという……。番組ではそんな萬斎が狂言師として生きて行く決心をするまでの苦悩と葛藤を取材。抗えない運命を背負った萬斎がカメラの前で語った本音とは?

 そして萬斎は20代から“新時代の狂言師”としてムーブメントを起こす。狂言をより多くの人に見てもらうために、当時最先端技術だったCGを舞台に取り入れ、台詞を舞台袖の電光掲示板に映して解説したりと、これまでになかったアイデアで狂言に新しい風を吹き込んだ。そんな既存の枠組みにとらわれない萬斎の発想のルーツにも迫る。さらに、息子・裕基への狂言継承の裏側も注目だ。

 野村萬斎の「人生シリーズ」は6月21日8時からの『ビビット』内で放送される。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top