鈴木亮平、二階堂ふみとのラブラブ2ショット公開! | RBB TODAY

鈴木亮平、二階堂ふみとのラブラブ2ショット公開!

NHK大河ドラマ『西郷どん』で主演を務める鈴木亮平が27日、ブログを更新。同ドラマの第20話を振り返り、共演する女優・二階堂ふみとの2ショットを公開した。

エンタメ その他
写真は鈴木亮平のブログから
  • 写真は鈴木亮平のブログから
  • 写真は鈴木亮平のブログから
  • 写真は鈴木亮平のブログから
  • 写真は鈴木亮平のブログから
 NHK大河ドラマ『西郷どん』で主演を務める鈴木亮平が27日、ブログを更新。同ドラマの第20話を振り返り、共演する女優・二階堂ふみとの2ショットを公開した。

 『西郷どん』は明治維新の立役者でありながら、最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛の生涯を描く物語。同日放送された第20話の副題は「正助の黒い石」。吉之助(鈴木)は愛加那(二階堂)と島で生きていくことを決意する一方で、薩摩では島津斉興(鹿賀丈史)が亡くなり、久光(青木崇高)が国父として藩の権力を握ることに。正助(瑛太)は久光に急接近し、少しずつ久光の信頼を得ていく。しかし、有馬新七(増田修一朗)ら精忠組の過激派は、正助のやり方が気に入らず、対立を深めていた。そんなとき、井伊直弼(佐野史郎)が桜田門外で命を落とす。

 ドラマの放送後、「遅咲き派(西郷どんこぼれ話20)」と題して更新した鈴木。第20話を「今週は正助どんの出世が描かれました。吉之助も、斉彬様に見出され初めて江戸に出たのが26才と幕末の志士の中では比較的遅咲きですが、正助も若い頃は謹慎させられ、久光に見出されたこの時にはすでに29才。遅咲き派ですね」と振り返り、「そう考えると、お二人のここからの人生後半の怒涛の展開は、ご本人たちにとってもすごいスピードで過ぎていった日々だったことでしょう。なんて想像してみたり」と思いを馳せた。

 続けて、「この頃の吉之助と愛加那夫妻は、本当にラブラブだったそうです」と愛加那を演じる二階堂と衣装姿でのオフショットを公開。吉之助と愛加那の仲の良さが伝わるエピソードとして「なんと客人の前でも愛加那さんを膝に乗せて、周りを赤面させるほどだったとか」と紹介し、2人のラブラブぶりに「彼をここまでのろけさせたのは、愛加那さんへの大きな愛だったのか、奄美大島の大自然か、何も為せなかった自分への諦めか、はたまた元々そういうチャーミングなお人であったのかもしれません。侍も人間ですね」とコメント。

 公開された2ショットにファンからは「愛加奈さんときくちげんごさん、仲むずまじくて、ほっこり」「2ショットお写真、いい感じ」「自然体の亮平さんと二階堂さんのお茶目な顔、いいなぁ」などのコメントが寄せられた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top