蒼井優、日本アカデミー賞での名スピーチを回顧「頭真っ白の中で出てきた」 | RBB TODAY

蒼井優、日本アカデミー賞での名スピーチを回顧「頭真っ白の中で出てきた」

エンタメ その他

蒼井優【撮影:編集部】
  • 蒼井優【撮影:編集部】
 女優・蒼井優が、12日放送のEテレ『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』に出演。山田洋次監督との対談の中で、「日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞の受賞スピーチを振り返る場面があった。

 彼女は主演作『彼女がその名を知らない鳥たち』で、今年3月の「第41回日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞に輝いた。

 そして受賞時のスピーチで、「これから新学期が始まりますけど、学校がつらいとか、新しい生活どうしようって思っている方がいたら、ぜひ映画界に来ていただきたいです。映画界って良くないですか? 私、本当に好きなんです」と語り、反響を呼んだ。

 山田監督はこのコメントについて「一番うれしいね、映画監督としては」と喜びを噛みしめたものの、蒼井本人はこの時の自分について「言ったみたいなんです」と記憶もおぼろげ。

 そして、「頭真っ白の中、スピーチしてしまった」と明かし、続けて「頭真っ白の中で出てきた言葉が『映画が好き』っていうことだけだった」と回顧。気が動転している中でそういった熱い思いが湧き出た自分に対し、「本当に(映画)好きなんだなって思いました」と改めて気づいたと語っていた。

 そして「年々好きになりますね、映画界が。映画界が好きでしょうがなくなってきましたね最近」と正直な思いを打ち明けていた。
《小磯秀夫》

特集

page top