木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る | RBB TODAY

木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る

エンタメ その他

木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る
  • 木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る
  • 木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る
  • 木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る
  • 木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る
  • 木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る
  • 木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る
  • 木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る
  • 木村カエラ、自身の絵本に対する想いを語る
 4月下旬にKADOKAWAより絵本を出版する木村カエラが、17日と18日の2日間にわたって開催された朝日新聞社主宰のブックフェア「築地本マルシェ」(ベルサール汐留・東京都)に登場。自身の大好きな作品を手に、絵本ナビ代表取締役社長の金柿秀幸氏と対談を行った。

 対談のテーマは「子どもたちにすてきな絵本の出会いを」。それぞれ持ち寄った絵本を紹介するとともに、作品にまつわるエピソードを語り合うという内容だ。まずは木村がお気に入りの『どろんこハリー』やしかけ絵本『プータンいまなんじ?』を紹介。歌詞のヒントになったと話す『ぼくを探しに』については、物語に共感し「かけらを探して」(『ファミレド』より)と歌詞を作ったこともあるという。

 中盤では、絵本製作について、「手がけた絵本は、16年にリリースした配信シングル『BOX』の歌詞を反映しました。BOXは“心”。心は宝箱で、素敵な思い出を詰め込めばどんどん輝いていく。でも、嫌なことがあったりがまんすることが多いほど自分らしさがなくなって、心がゴミ箱のようになってしまう、という内容なんですよ。自分の心はゴミ箱じゃなくて宝箱なんだよ、だからキラキラするものを入れていかないと、という気持ちを込めました」と明かす場面も。

 さらに、対談後、絵本づくりについて聞かれると、「読んでみて、どんな反応が返ってくるか楽しみ。お子さんは楽しく、大人の方は何か心に響くものがあればいいなと思います。幅広い人に届けば嬉しいですね」と想いを語った。さらに、「何をどうキャラクターにしようかなと。“心”は宝石で表現すべきなのか、岩にしようとか。『心が固くなる』とか言うじゃないですか。そういう感覚でキャラクターに変換していく作業は、無限に表現の方法がある分、大変でしたね」と絵本づくりの大変さについてもコメント。

 最後に、「普段絵本を手に取る機会がない人も、これがきっかけになればすごく嬉しい。早くみなさんに届けたい!」と呼びかけてイベントは閉幕した。作品はKADOKAWAから4月下旬に発売予定。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top