とろサーモン久保田、クズっぷりを暴露したミキに怒涛の反撃 | RBB TODAY

とろサーモン久保田、クズっぷりを暴露したミキに怒涛の反撃

エンタメ その他

とろサーモン【撮影:小宮山あきの】
  • とろサーモン【撮影:小宮山あきの】
  • とろサーモン【撮影:小宮山あきの】
 20日に放送された『明石家さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、とろサーモン・久保田かずのぶが、そのクズっぷりを暴露したミキに猛反撃した。

 去年の『M-1グランプリ2017』王者(ABC朝日放送制作、テレビ朝日系)で優勝したとろサーモンだが、その出場資格について同大会3位だったミキの兄・昴生が疑問視。というのもコンビ結成15年以内がルールであるにも関わらず、とろサーモンは一昨年の敗者復活戦の敗退後「俺らのM-1が終わった」と嘆き、ラストイヤーであることを自覚していたと暴露したのだ。

 それに対し久保田が反撃。「自分も本当にラストだと思っていた。でもABCの人がまだあるよって言った」と弁明。「だとしても、いいですよ、芸歴オーバーで優勝トロフィーはく奪?『Yahoo!ニュース』載る。今より3倍メシ食える。そうしてくれボケ!」と言うと、昴生は「ボケとか言う?あんな王者見たことない!」とブーイングを浴びせていた。

 また昴生は、M-1の生放送中、楽屋にいた久保田が、和牛のネタ中に客からウケるたびに舌打ちを繰り返していたことを暴露した。弟・亜生も、「ここまで来れたからみんなは、誰が優勝してもいいんじゃないかというふうになっていたのに」と糾弾。

 だが久保田はこれに対しても、「これは戦い、戦場やねん。誰かが傷ついて誰かがチャンピオンになる。仲良しこよしで漫才やるんやったら保育園で漫才しとけ!」と反撃しすると、ミキも笑わずにはいられなかった。

 だがその久保田は、相方の村田秀亮からもある過去をバラされるハメに。それはM-1王者になった2日後、知り合いのおっぱいパブの1日店長をバイトでしていたというもの。出演者からは「何してんの?」と驚きの声があがっていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top