「iPhone X」発売直前!ちょっとだけ早い開封フォトレポート | RBB TODAY

「iPhone X」発売直前!ちょっとだけ早い開封フォトレポート

IT・デジタル モバイル

「iPhone X」発売直前!ちょっとだけ早い開封フォトレポート
  • 「iPhone X」発売直前!ちょっとだけ早い開封フォトレポート
  • 「iPhone X」の外箱。iPhone Xの画面が立体的に印刷されている
  • 「iPhone X」の外箱。iPhone Xの画面が立体的に印刷されている
  • 「iPhone X」の外箱。iPhone Xの画面が立体的に印刷されている
  • 「iPhone X」の外箱。iPhone Xの画面が立体的に印刷されている
  • 「iPhone X」発売直前!ちょっとだけ早い開封フォトレポート
  • 「iPhone X」発売直前!ちょっとだけ早い開封フォトレポート
  • 「iPhone X」発売直前!ちょっとだけ早い開封フォトレポート
 いよいよ明日、11月3日に発売される「iPhone X」。予約に成功し、明日受け取るのを心待ちにしている人もいれば、まだ少し様子を見ようと思っている人もいるだろう。入荷数は不明ながら予約なしでも購入できる店頭在庫が用意されるということで、気合いを入れてすでにStore前に並んでいる人もいるようだ。

 発売が間近にせまったこのタイミングだが、一足先に編集部にやってきた「iPhone X」の開封レポートをお届けしたい。細かい使い勝手や注目すべきポイントなどは追ってお届けする予定だ。

 まずは外箱から。実寸大のiPhone Xの画面が少し立体的に印刷されており、細かい部分だが高級感を演出している。

「iPhone X」の外箱。iPhone Xの画面が立体的に印刷されている
「iPhone X」の外箱。iPhone Xの画面が立体的に印刷されている
「iPhone X」の外箱。iPhone Xの画面が立体的に印刷されている
「iPhone X」の外箱。iPhone Xの画面が立体的に印刷されている

 中身を確認。Face IDやホーム画面への遷移について、サイドボタンの説明など、今回大きく操作方法が変わる部分についての説明書が入っていた。





 今回、本体は側面がステンレス、背面は全面ガラスフィニッシュの美しい外観。背面のデュアルカメラは縦に配置されている。





 電源を入れてみると、やはりホームボタンを廃止したフルスクリーンが印象的。表示するものによってはディスプレイが浮いているように感じることもありそうだ。





 今使っているiPhone 7と比較してみると、本体サイズはほぼ変わらない印象。それでいて、ディスプレイサイズが4.7インチから5.8インチになっているのは素直に驚いた。手にしてみると、ガラス仕上げの影響か、やや重めではあるが、この辺りはしばらく持ち歩いて見てどう感じるかというところ。

左がiPhone 7。右がiPhone X


表示領域の違いがよくわかる。左がiPhone 7で右がiPhone X


厚みも互角。左がiPhone 7で右がiPhone X


写真では伝わりづらいが、背面の質感もかなり変わっている。


※どんな時に使えない?Face IDの注意点
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top