清水アキラ、良太郎容疑者保釈せずの判断に坂上忍「本気度が伝わってきた」 | RBB TODAY

清水アキラ、良太郎容疑者保釈せずの判断に坂上忍「本気度が伝わってきた」

 1日放送の『バイキング』(フジテレビ)では、覚せい剤取締法違反で起訴された俳優の清水良太郎について、父親である清水アキラが下した判断について討論される場面があった。

エンタメ その他
坂上忍
  • 坂上忍
 1日放送の『バイキング』(フジテレビ)では、覚せい剤取締法違反で起訴された俳優の清水良太郎について、面会後父親である清水アキラが行った記者会見の内容を特集した。

 現在勾留中の良太郎容疑者。記者会見で清水は、「保釈はしないと伝えた」と勾留されてからの期間が短いことなどから、良太郎容疑者をあえて保釈させないことを公表。目に涙をにじませての会見となった。

 坂上忍は清水のあえて保釈をしないという判断について、「すげーなって思った」とまっすぐな賞賛の言葉を述べ、「芸能人としてというよりも、父親として、なんとか息子の体から薬を抜くんだ、という本気度が逆に伝わってきた」と清水の親としての責任感をその理由として口にした。

 坂上はさらに、覚醒剤使用が初犯の際は執行猶予がつくことが多いという矛盾点についてもコメント。その中での清水の決断を「すごく響くことがある」と、家族として息子の「味方」であると口にしていた清水のとった今回の行動に、賛同の言葉を口にしていた。

 また、おぎやはぎの小木博明は「保釈させなかった方がお互いのメリットになったのでは」と今回の清水の決断が、結果的に双方のイメージアップにつながると分析した。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top