新しいApple Watchと過ごした1週間……セルラー通信機能はこんな時に便利だった | RBB TODAY

新しいApple Watchと過ごした1週間……セルラー通信機能はこんな時に便利だった

IT・デジタル モバイル

セルラー通信機能を搭載したApple Watch Series 3を発売から1週間使ってみた
  • セルラー通信機能を搭載したApple Watch Series 3を発売から1週間使ってみた
  • 電話がかかってきたときの画面表示。スピーカーのボリュームはデジタルクラウンで調節できる
  • ふだん腕時計で時刻を確認するぐらいの距離感であればマイクによる集音、スピーカーから聞こえてくる相手の声ともにクリアな通話ができる
  • 腰ぐらいの距離まで時計を離しても音声をピックアップしてくれる。手を振りながら歩いていても大丈夫だった
  • セルラーモデルはデジタルクラウンのトップが赤い。ケースのサイズアップはわずか0.25mmに抑えている
  • 「マップ」アプリがiPhoneなしでも快適に使える
  • ミュージックアプリへの転送もwatchOS 4からより簡単にできるようになった
  • アクティビティがリングの完成をうながしてくれる
 Apple Watch Series 3が発売されて1週間が経った。単体で4G LTE通信ができる「GPS+Cellularモデル」を約1週間使って見えてきた、セルラー通信機能が活きる場面やSeries 2との違いをまとめてみよう。

■気になる電話機能の使い心地

 これまでのApple Watchも、ペアリングしたiPhoneにかかってきた電話を受けてそのまま通話できる機能は搭載されていた。比べると通話機能そのものの使い勝手はあまり大きく変わっていない。電話番号もiPhoneと共通化されるため、着信があるとiPhoneとApple Watchの両方に表示される。Apple Watch Series 3の場合は自宅のリビングにiPhoneを置きっ放しにして庭いじりをしたり、ガレージで車の清掃に勤しみたくなったときにも、スマートウォッチだけで電話が受けられるようになったことが大きな違いとして実感される。もちろんiPhoneの電源がオフになっていても大丈夫だ。

電話がかかってきたときの画面表示。スピーカーのボリュームはデジタルクラウンで調節できる
電話がかかってきたときの画面表示。スピーカーのボリュームはデジタルクラウンで調節できる


 Apple Watchを装着している手首から、口元をどれぐらい離していても通話ができるのか試してみた。結果はまわりのノイズ環境にもよるが、たとえば静かな自宅の部屋で本を読んだり、パソコンに向かってタイピングしているぐらいの距離感であれば相手の声がクリアに聞こえるし、こちらの声も十分に聞き取りやすいようだ。手首の位置を腰あたりまで下ろしたり、歩きながら手をぶらつかせてみると、通話相手の聞こえ方が少し変わるようだが、問題ない範囲でコミュニケーションができた。Apple Watch Series 3では本体やバンドのサイズや使用感を変えずにキープするため、ウォッチのスクリーン表面にアンテナを仕込んで感度を確保しているのだという。これが効果を発揮しているのではないだろうか。

ふだん腕時計で時刻を確認するぐらいの距離感であればマイクによる集音、スピーカーから聞こえてくる相手の声ともにクリアな通話ができる
ふだん腕時計で時刻を確認するぐらいの距離感であればマイクによる集音、スピーカーから聞こえてくる相手の声ともにクリアな通話ができる


腰ぐらいの距離まで時計を離しても音声をピックアップしてくれる。手を振りながら歩いていても大丈夫だった
腰ぐらいの距離まで時計を離しても音声をピックアップしてくれる。手を振りながら歩いていても大丈夫だった


 屋外に出て試してみても接続性はほぼ変わらなかったが、通話相手の声はスピーカーのボリュームを最大にしていても、周りの環境音によっては多少聞こえづらくなるのは致し方ないところ。だいたい屋外で使う時には周囲に会話を聞かれたくないものだし、迷惑もかけたくない。スピーカーの音量を下げて、Apple Watchを顔に近づけて“ひそひそ話”で会話するのもありだが、BluetoothでApple Watchにペアリングできるワイヤレスイヤホンを活用した方が自然なコミュニケーションができるのでおすすめだ。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top