広瀬すず、豪華衣装でベネチア国際映画祭に!海外メディアの質問に応じる | RBB TODAY

広瀬すず、豪華衣装でベネチア国際映画祭に!海外メディアの質問に応じる

エンタメ 映画・ドラマ

(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
 是枝裕和監督最新作『三度目の殺人』は9月9日全国ロードショー。このほど、第74回ベネチア国際映画祭 コンペティション部門に正式出品されたことを受け、福山雅治、役所広司、広瀬すず、是枝監督が現地入り。さらに、同作の音楽を手掛けるルドヴィコ・エイナウディも加わり、フォトコールに参加したほか、海外メディアからの質問に応じた。

 ドルチェ&ガッバーナやプラダ、ジバンシィなどイタリアの有名ブランドの衣装に身を包んで福山、役所、広瀬の3人が会場に登場。福山は同映画への出演について、「僕自身是枝監督、是枝作品のファンなのです。」と答え、「私にとって自分の活動、表現をフィードバックできる現場で、参加させていただくことにいつも感謝しています。」と喜びをコメント。また、広瀬と役所は「私は10代だからこそ、少女だからこそ見える大人の方の言葉、行動、母への思いなど色んなものを客観的に見ていました。」(広瀬)、「『だれか嫌いな人を二~三人殺す練習をしたらどうですか…』、、なんて言われたりはしませんでしたけど(笑)、監督から頂いた脚本と撮影の最終日まで脚本が変更になって、監督がどの方向に私たち俳優を導いてくれるのかというのが手に取るようにわかりましたので、それをひとつの手掛かりになんとかやりきることができました。」(役所)など、同作出演の心構えについて答えた。

 その後のフォトコールでは、「是枝!」という歓声が上がるなど、カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した『そして父になる』の福山×是枝監督の再タッグである同作への注目度の高さがうかがわれた。また、会場での公式上映を終えた是枝監督は「まずは一緒に映画を作ったスタッフ、キャストとこの場に来られて、上映を一緒に経験できたことをすごく嬉しく思っています。」と周囲への感謝をコメント。さらに同映画祭に参加した感想を聞かれると、「大変光栄な瞬間に立ちあわせて頂いたなと思っていて、やっぱり監督のチャレンジですよね、今回の映画の。」(福山)、「また頑張って映画作りに参加したいなって勇気をいつももらいますね。」(役所)、「また頑張ろう!って思える力になりますし。こういうところでしか感じれないものは凄くたくさんあるのでその時間を今回は楽しもうと思いました。」(広瀬)などそれぞれ喜びを伝えた。その後、福山はカンヌで涙を流していたにもかかわらず、今回は涙なしの会見であることについて問われ、「何で泣かないんだ?ということがいいたいんですか?(笑)ベネチア映画祭という国際的な舞台で1人の観客として楽しめたんですよね。」と笑顔で答えた。『三度目の殺人』は9月9日全国公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top