北川景子が『ほん怖』初出演!ナース役を演じる | RBB TODAY

北川景子が『ほん怖』初出演!ナース役を演じる

エンタメ その他

北川景子が『ほん怖』初出演!ナース役を演じる
  • 北川景子が『ほん怖』初出演!ナース役を演じる
  • 北川景子が『ほん怖』初出演!ナース役を演じる
  • 北川景子が『ほん怖』初出演!ナース役を演じる
  • 北川景子が『ほん怖』初出演!ナース役を演じる
 19日21時より放送の『ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-』に女優の北川景子が初出演することが決定した。

 今回北川が演じるのは、看護師の深川京香。彼女が勤める総合病院の417号室に入院していた患者が深夜に何度もナースコールを鳴らし、苦しみながら亡くなり、その日から、誰も入院していない417号室のナースコールが毎晩、繰り返し鳴るようになる。以降、417号室に入院してきた患者が突然死する事態が相次ぎ、やがてその部屋は「死に部屋」と呼ばれ始めた。同僚看護師の横山詩織(川栄李奈)は京香に、「あの部屋は使わないほうがいい…」と警告するが、京香は「そんな噂に振り回されてどうするの」と、主任という立場上、この不穏な状況を認められないでいた。そんなある日、京香の弟・篤史(志尊淳)が大ケガをし、京香の病院に運び込まれ、417号室に入院することになり・・・というストーリーだ。

 全5話で放送される今回の『ほん怖』では、NEWSの手越祐也が清掃会社の契約社員役でホラーに初挑戦するほか、野村周平が旧家の古い蔵の解体作業を依頼されて謎の箱の正体解明に挑むこと、そして遠藤憲一が長峰修の家に代々言い伝えられてきた不思議な話を演じることが発表されている。『ほんとにあった怖い話』はフジテレビ系列にて19日21時から放送。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top