映画『ジョジョ』ワールドプレミアでスタンディングオベーション!三池監督&山崎賢人は大満足 | RBB TODAY

映画『ジョジョ』ワールドプレミアでスタンディングオベーション!三池監督&山崎賢人は大満足

エンタメ 映画・ドラマ

映画『ジョジョ』ワールドプレミアでスタンディングオベーション!三池監督&山崎賢人は大満足
  • 映画『ジョジョ』ワールドプレミアでスタンディングオベーション!三池監督&山崎賢人は大満足
  • 映画『ジョジョ』ワールドプレミアでスタンディングオベーション!三池監督&山崎賢人は大満足
  • 映画『ジョジョ』ワールドプレミアでスタンディングオベーション!三池監督&山崎賢人は大満足
 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が2日(現地時間)、スイス・ヌーシャテルで開催中の映画祭「第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭」でワールドプレミアを実施した。公式上映イベントには三池崇史監督と海外の映画祭が初となる主演・山崎賢人(「崎」は「たつさき」)が参加した。

 「第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭」はスイス・ヌーシャテルで6月30日~7月8日にかけて開催されるヨーロッパを代表する映画祭。同作は同映画祭のインターナショナル・コンペティション部門に選出されており、7月8日に結果が発表される。

 公式上映を前に三池監督は「どう楽しんでもらえるのかを一緒に楽しめたら。もう、お客さんのものですからね、わざわざジョジョをみにきてくださる人たちがどんな人たちなのか、勇気をくれる人たちだと信じています」と話し、山崎は初の映画祭ということもあり緊張の面持ちで「海外の人たちがジョジョをみてどういう反応をみせるのか気になりますし、その中で一緒に映画を観られるのは貴重な体験だと思うので自分も楽しみながら、最高のキャストと最高のスタッフで作りあげた、この三池監督のジョジョワールドを皆さんに楽しんでもらえたらと思います」と作品の出来に自信を見せた。

 その後、現地のファンと共に同作を鑑賞した山崎と三池監督。映画が終わると拍手が巻き起こり、そのままスタンディングオベーション! その盛り上がりに山崎と三池監督ががっちりと握手するシーンもあった。

 そんな興奮冷めやらぬ中、行われた質問コーナー。現地のファンから撮影で一番大変だったことについて聞かれると、山崎は「スタンドを出す、スタンドで戦うこと」と語り、それを受け三池監督は「CGIの予算に限りがあったので、彼には自力でスタンドを出してもらいました」と早速、冗談を交えて回答。さらに初披露を終えた今の心境を聞かれた三池監督は「よく漫画のことを知っている人がいて、それぞれリアクションが違って非常に楽しかったです。でも、観終わって皆さんの笑顔を見てほんとに助かりますし、救いになります」と現地ファンの反応に満足している様子だった。次にジョジョを映画化した理由についての質問が飛び出すと「長い間、荒木先生が連載をされており、現在一億部を超えています。誰にも実写化できないと言われ、何年も前から様々な人が実写化に挑戦したがなかなか実現しなかった。そして、今回、山崎賢人という俳優が登場し、勇気をもって映画化した」 映画の製作秘話を明かした。また、山崎は自身が演じた仗助のキャラクターについて聞かれると「仗助に対してはすごく憧れる部分がありますね。自分自身がなかなかできないようなことをやってくれるので、かっこいいキャラクターだなと思います」と思いを語った。

 イベント後、感想を聞かれた山崎は「日本とはお客さんの感覚が違いしますが、今回そのお客さん達と一緒に観ることができていい経験になりました。スタンディングオベーションは嬉しかったですね」 と初の海外映画祭を楽しめた様子だった。

 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日全国公開だ。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top