坂上忍、小出恵介淫行問題"ハニートラップ説"に「結果論」と厳しい意見 | RBB TODAY

坂上忍、小出恵介淫行問題"ハニートラップ説"に「結果論」と厳しい意見

エンタメ その他

坂上忍
  • 坂上忍
 12日放送の『バイキング』(フジテレビ)では、未成年者との淫行により、無期限の活動停止となった小出恵介について特集。坂上忍らが厳しい意見を交わした。

 小出は先月撮影での大阪滞在中に現地の知人と飲酒。その際に知り合った17歳の女性と関係を持ったことを認めている。番組ではさらに、その女性から示談金として500万円を要求されていたという報道を紹介。小出が"ハニートラップ"にひっかかったのではないかという説も取り上げた。

 一方この報道について、「自覚が足りなかった」という点も含め、小出が犯した問題が消えるものではないと坂上は苦言を。「そういう可能性もあるのかもしれないけど、だからといって彼のやったことがゼロになるわけでは無い」ときっぱりと語ると、たとえハニートラップだったとしてもそれは「結果論」にすぎず、小出が淫行を行ってしまったという事実と、ハニートラップはどちらも「悪い」ものの全くの別問題で、同じ土俵で論じるべきではないという態度を示した。ブラックマヨネーズの吉田敬もこれに賛同し、「入るな危険、ってところに入ってしまった」と、小出の迂闊さを比喩した。

 また、今回の一件で小出が出演していたNHKドラマ『神様からひと言 ~なにわお客様相談室物語~』が放送中止になったり、Netflixのドラマ「『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の放送が暗礁に乗り上げたりと放送中止が相次いでいる件について、坂上はそれぞれの作品に「もうケチがついてしまっている」と放送中止はやむをえないと意見。同時に「監督さんたちも被害者」と、そういった作品に関わったスタッフたちも被害者だと語った。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top