乃木坂46生駒里奈、悲惨ないじめ体験を語る | RBB TODAY

乃木坂46生駒里奈、悲惨ないじめ体験を語る

エンタメ その他

乃木坂46生駒里奈、悲惨ないじめ体験を語る
  • 乃木坂46生駒里奈、悲惨ないじめ体験を語る
  • (撮影:竹内みちまろ)
 28日放送の『チカラウタ』(日本テレビ)に乃木坂46の生駒里奈が出演。小学校時代のいじめ体験を語った。

 小学校3年生のときに転校したという生駒、「そこから私の闇が始まった」と口を開いた。転校先の学校ではいわゆる学校内での序列"スクールカースト"がすっかりできあがっていたが、新たに入ってきた生駒は当然そのカーストの一番下。5年生位になるとシカトといった明らかないじめが始まったのだという。「今月は仲良くされてるけど来月はシカトされるんだろうな」と、標的もローテーションで変わるためいじめられていない時でも気持ちは落ち着かなかったと明かした。

 さらに朝学校に行くとロッカーの自分のものが散らばっているという悲惨な状態で「このままでは自分の持ち物全部壊されちゃう」と思った生駒は、一切学校に荷物を置くのはやめ、毎日大量の荷物を持って登校していたことも告白した。

 そんな悲惨ないじめの日々だったが、母親を悲しませたくないという思いから学校にはきちんと登校。心の拠り所だった図書館で本を読み「自分の世界に入って自分を守るすべを身に着けた」と当時を振り返った。

 その後中学校でいじめっ子たちと離れ、大親友との出会いがあったと明るい笑顔で語った生駒。高校で大親友と違う学校に進学したことが、乃木坂への挑戦のきっかけになったことも明かした。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top