松本人志、政治家との写真撮影は「一筆いる」 | RBB TODAY

松本人志、政治家との写真撮影は「一筆いる」

 受動喫煙防止対策について話し合われた会合で、自民党の大西英男衆院議員が「(がん患者は)働かなければいいんだよ」と発言したことについて28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で松本人志が苦言を呈した。

エンタメ その他
松本人志(c)GettyImages
  • 松本人志(c)GettyImages
 受動喫煙防止対策について話し合われた会合で、自民党の大西英男衆院議員が「(がん患者は)働かなければいいんだよ」と発言したことについて28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で松本人志が苦言を呈した。

 問題となった発言に対して大西議員は謝罪するも、喫煙可能な店で無理して働かなくてもいいという趣旨だったことを説明し、発言についての撤回はしなかったという。この対応について松本人志は「後で『いや、そういう言う意味じゃない』って言って(誤魔化す)」「これが僕も嫌なんですよ」と批判。

 また大西議員は今回の問題発言の以外にも、過去に自身のホームページにて元・総合格闘家の須藤元気とのツーショット写真と共に、あたかも須藤が大西議員を推薦しているかの文章を掲載。しかし須藤本人がTwitterで「僕は推薦文を書いていない」と発表した一件も番組で紹介された。

 この事実を知った松本からは「これはあってはいかんわ。酷いわ!」と驚きの声と共に議員との写真を撮る際には「一筆いるね」と一言。「(写真)撮ったはええが、好きに書かれちゃうからね」と私的な写真が政治利用されてしまうことへの危機感をあらわにした。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top