新ドラマ『CRISIS』、小栗・西島のアクションシーンが「かっこよすぎ」と話題! | RBB TODAY

新ドラマ『CRISIS』、小栗・西島のアクションシーンが「かっこよすぎ」と話題!

エンタメ その他

新ドラマ『CRISIS』、小栗・西島のアクションシーンが「かっこよすぎ」と話題!
  • 新ドラマ『CRISIS』、小栗・西島のアクションシーンが「かっこよすぎ」と話題!
 12日にスタートした関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』が、海外ドラマやハリウッド映画にも劣らないクールなアクションシーンで話題を呼んでいる。

 同ドラマは、直木賞作家・金城一紀が原案・脚本を手がけた、1話完結型のアクションエンターテインメント。各分野のスペシャリストが集結した警察庁警備局長直轄の秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班の活躍が描かれ、元自衛隊員の捜査員・稲見朗を小栗旬が、稲見とともに特捜班に所属する田丸三郎を西島秀俊が演じる。

 昨夜の第一話では、冒頭16分ほどではじまったテロリストとの格闘シーンに視聴者の目は釘付けとなり、早速のTwitterトレンド入り。時限爆弾を持ち新幹線に乗った犯人と、小栗演じる稲見のスピーディーな格闘シーンに「ほんっとにかっこいい」「新鮮で斬新で痛そう」「ハリウッド感フル」と興奮の声が上がった。激しい格闘の場面ながら、犯人が持ち出した刃物にわざと身を乗り出し、笑顔を見せつつ余裕の戦いをしてみせる稲見の姿に、視聴者からは「やたらかっこいい」と男女問わず絶賛の声が相次いだ。

 また、表情を崩さないクールな田丸を演じる西島秀俊も、犯人を瞬殺に一撃で倒したり、外階段を階ごとに手すりぞいに飛び降りたりと、アクションシーンを連発。「何あれ!西島秀俊かっこよすぎ!」「筋肉やばいよ」とTwitterなどで書き込みが相次いだ。

「小栗と西島の対照的なキャラクターとかハマる」「最近のドラマの中でも一番テンションあがるやつ」「来週も絶対見る」と、ハリウッド映画や海外アクションドラマに勝るとも劣らない、キャラクター設定・アクション・ストーリーの三拍子そろった同ドラマに、2話からも期待が寄せられている。

 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(関西テレビ・フジテレビ)第2話は、18日夜9時より放送。

《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top