アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の来場者特典が原作の“その後”を描く掌編小説冊子に決定 | RBB TODAY

アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の来場者特典が原作の“その後”を描く掌編小説冊子に決定

4月7日全国公開のアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の来場者特典が、原作者・森見登美彦による掌編小説、『夜は短し歩けよ乙女 銀幕篇』に決定したことが明らかになった。

エンタメ 映画・ドラマ
アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の来場者特典が原作の“その後”を描く掌編小説冊子に決定
  • アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の来場者特典が原作の“その後”を描く掌編小説冊子に決定
  • アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の来場者特典が原作の“その後”を描く掌編小説冊子に決定
  • (C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
  • 森見登美彦著『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫)
 4月7日全国公開のアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の来場者特典が、原作者・森見登美彦による掌編小説、『夜は短し歩けよ乙女 銀幕篇』に決定したことが明らかになった。

 「銀幕篇」は原作で描かれた“先輩”と“黒髪の乙女”のその後が垣間見える、手紙形式の掌編小説。公開1週目の特典として「先輩」から「乙女」への手紙、公開2週目には「乙女」から「先輩」への手紙を、それぞれ文庫本サイズ(A6)の冊子にして先着でプレゼントされる。

 出版から10年を経て、“先輩”と“黒髪の乙女”の、その後の物語が発表されるのはこれが初めてということでファンにはたまらない夢のような特典となている。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top