向井理と斎藤工がW主演!池井戸潤『アキラとあきら』が7月ドラマ化 | RBB TODAY

向井理と斎藤工がW主演!池井戸潤『アキラとあきら』が7月ドラマ化

エンタメ 映画・ドラマ

向井理と斎藤工がW主演!池井戸潤『アキラとあきら』が7月ドラマ化
  • 向井理と斎藤工がW主演!池井戸潤『アキラとあきら』が7月ドラマ化
 作家・池井戸潤の連載小説『アキラとあきら』がWOWOW で7月にドラマ化されることが決定した。主演を向井理と斎藤工がつとめる。また、オリジナル文庫としても刊行される。

 『アキラとあきら』は2006年から3年間月刊小説誌『問題小説』にて連載された作品。舞台は昭和61年。大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬と、父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛。何かに導かれるように交差する2人の人生を、反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折など、幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択を盛り込み、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に描いた物語となっている。

 階堂彬役を務めるのは、6月に自らが企画した映画『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』の公開が控える向井理。そして、山崎瑛役を務めるのは、6月公開の映画『昼顔』などに出演し俳優としてだけではなく、映画情報番組『映画工房』(WOWOW)の司会など幅広い分野で活躍する斎藤工。W主演の2人は連続ドラマ初登場となる。

 主演を務める向井からは「今回スーツも時代に合わせて太さやディティールにこだわっています。リアリティとエンターテインメントの両方を楽しんでいただけると思います」とコメントが寄せられている。また、斉藤は同学年に当たるという向井を「客観性を持っていて良い意味でクール」で役柄にぴったりだと絶賛。ドラマについては「日本の特別な時期を描く中で、その時代を見て、ぜひ今と未来が見える体験をしてほしい」と、視聴者にメッセージを送っている。原作者の池井戸氏も、出演者の熱演に期待を寄せているという。

 『連続ドラマWアキラとあきら』はWOWOWプライムにて7月放送予定。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top