松本穂香、左利きの心臓外科医役に奮闘!「左手でご飯を食べたりしています」 | RBB TODAY

松本穂香、左利きの心臓外科医役に奮闘!「左手でご飯を食べたりしています」

エンタメ 映画・ドラマ
松本穂香【撮影:小宮山あきの】
  • 松本穂香【撮影:小宮山あきの】
  • 伊藤英明【撮影:小宮山あきの】
  • 余貴美子、ムロツヨシ、伊藤英明、中谷美紀、松本穂香、片寄涼太【撮影:小宮山あきの】
  • 中谷美紀、松本穂香【撮影:小宮山あきの】
  • 松本穂香、片寄涼太【撮影:小宮山あきの】
  • 中谷美紀【撮影:小宮山あきの】
  • ムロツヨシ【撮影:小宮山あきの】
  • 片寄涼太【撮影:小宮山あきの】
 伊藤英明、中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香、片寄涼太、余貴美子が9日、都内・日蓮宗 善立寺にて行われた金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS)試写会&制作発表に登場した。

 同ドラマは、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本 照円(まつもと しょうえん)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマ(1月17日夜10時からスタート)。

 “人を救う”ことにこだわる主人公・照円を演じる伊藤は、「自分自身、近年子どもが二人生まれて、その中で20代の頃から見守ってくれた『第2の父親』といっても過言ではない事務所の社長を亡くし、可愛がっていただいた津川雅彦さんも亡くしました。人の生と死という自分の人生の岐路を感じている時に、この作品に出会えたことに深い縁を感じています」と神妙な面持ちで語った。

 同作の役作りのために2年間伸ばした髪を切り、般若心経を覚えるなど約3カ月かけて準備してきたという伊藤。丸刈りヘアについては「スッキリしましたね。楽な髪型が好きなので、坊主は気に入っています」とにこやかにコメント。続けて「僧侶役ということで般若心経を覚えることに非常に苦労して、ジムのお風呂でよくお経を唱えていたら、ジムの人が『市川海老蔵さんがジムでお経を唱えている……』って言いだして。(同ドラマの)情報解禁されてからは、伊藤がお経を読んでいたっていうことでおさまりがついたんですけど、その間、不気味がられた市川海老蔵さんに謝りたいです」とエピソードを披露して、笑いを誘った。

 優秀な救急医役の中谷は、「実際の心臓のバイパス手術をムロさんと穂香ちゃんと一緒に見学したんですけど、動脈からドクドクとあふれる血液は、すごく鮮やかな赤で……。そのときに感じた感動とか、生命の神秘に触れた感覚を、常に大事に演じたいなと思います」とコメント。また「医療ドラマは生と死を扱う重厚なドラマになりがちですが、(同作は)人間ドラマがとても軽妙で、クスッと笑えるようなシーンがたくさん散りばめられているのが魅力です」とアピールした。

 ひたむきに働く若手心臓外科医・児嶋役の松本は、「私は初めてのお医者さん役で、それに加えて左利きという設定があるので、そこをすごく意識しています。22年間、右手で生きてきたので左手でご飯を食べてみたりしています」と努力を明かし、「すてきな先輩達に囲まれて、もっと児嶋を生きて、いいドラマにできたらなと思います」と意気込みを語った。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top