向井理、実祖母の半生を映画化!『いつまた、君と』に尾野真千子と出演 | RBB TODAY

向井理、実祖母の半生を映画化!『いつまた、君と』に尾野真千子と出演

 俳優・向井理が、自ら企画し映像化を熱望した映画「いつまた、君と ~何日君再来~」が6月24日より、全国公開となることが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
向井理、実祖母の半生を映画化!『いつまた、君と』に尾野真千子と出演
  • 向井理、実祖母の半生を映画化!『いつまた、君と』に尾野真千子と出演
  • 向井理、実祖母の半生を映画化!『いつまた、君と』に尾野真千子と出演
 俳優・向井理が、自ら企画し映像化を熱望した映画「いつまた、君と ~何日君再来~」が6月24日より、全国公開となることが決まった。

 原作は、向井理の祖母である芦村朋子の半生記を綴った「何日君再来」で、向井理が大学生のときに、祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿(90歳)をむかえた祖母へお祝いとしてプレゼントしたもの。向井理自身が、7年前から映画化を熱望し、企画にも携わった作品となっている。

 衣食住もままならない戦後の混乱期、夫・吾郎(向井理の祖父)と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる、50年におよぶ愛を綴ったストーリー。現代の朋子が書き綴った手記を、孫である向井理が1冊の本にまとめていく過程で、過去を振り返っていく回想形式によって語られている。

 主演の芦村朋子役は、実力派女優・尾野真千子が務め、どんな困難な状況でも常に明るく夫を支える妻を、強さと儚さを絶妙に醸し出しながら演じている。また、度重なる不運に見舞われながらも、妻・朋子や子供たちの大黒柱であり続けた夫・吾郎役を、向井理が演じ、まっすぐに生きていくことが難しい時代でも、決して信念を曲げない夫を、多彩な表情を見せながら魅力的に演じている。尾野真千子と向井理が夫婦役を演じるのは、今回が初めて。また、監督は「神様のカルテ」などで知られる深川栄洋監督が、脚本はNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」や大河ドラマ「八重の桜」などで知られる山本むつみが担当。何もかも恵まれている時代を生きる現代の人たちへ、『ただ、「大切なひと」さえいれば、そこに幸せはある』『人生でどんなにつらいことがあっても、“笑顔”の力で生きていける』というメッセージ性あふれる作品に仕上がっている。

 向井理は、本作について「俳優という仕事をさせて頂く中で、いつかこの話を実現してみたいと思っていました。」と念願かなったことをコメントしているほか、「困難な時代を乗り越えて今の時代があるので、自分の家族や親戚や先祖のことを少しでも振り返って思い出すきっかけになっていただけたらいいなと思います。」などと呼びかけている。また、主演の芦村朋子役を演じる尾野真千子は、「脚本を読ませていただいて、本当にすごい人生で、これが実話だとはとても思えませんでした。」と率直な感想を述べ、「いろんなことを感じて頂いて、泣いたりしながらも、最後にほっこり笑顔で終われる作品になっていると思います。」と作品の趣旨をコメントしている。

 また、共演している2人はお互いの印象について、「彼女がいるだけで現場が明るくなって、笑っていてくれるだけでも幸せな気持ちになれる」(向井)「人に優しく、芝居に厳しくて。“向井理の企画作品”ということでしたので、脚本を読むよりも前に飛びつきました。」(尾野)などと話している。

 映画「いつまた、君と ~何日君再来~」は6月24日より全国公開。
《KT》

関連ニュース

特集

page top