『魔法使いの嫁』2017年10月からテレビアニメ放送開始! 原画展の開催も | RBB TODAY

『魔法使いの嫁』2017年10月からテレビアニメ放送開始! 原画展の開催も

累計400万部を超える大ヒットとなった漫画『魔法使いの嫁』が2017年10月から2クールにわたってテレビアニメ化することが明らかに。合わせて第1弾キービジュアルなどが解禁となった。

エンタメ その他
(C)2017ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会
  • (C)2017ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会
  • (C)2017ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会
 累計400万部を超える大ヒットとなった漫画『魔法使いの嫁』が2017年10月から2クールにわたってテレビアニメ化することが明らかに。合わせて第1弾キービジュアルなどが解禁となった。

 同作はヤマザキコレが「月刊コミックブレイド」(マッグガーデン)で連載中の同名漫画が原作。生まれ持った特殊な力ゆえに、不幸と孤独にまみれた人生を送ってきた少女・羽鳥智世(チセ)とそんな彼女を買い取った人間ならざる異形の魔法使い・エリアス・エインズワースの交流を中心に描いた物語。2016年にアニメ化プロジェクトが始動し、グランドPVが公開され、完全オリジナルアニメーション『魔法使いの嫁 星持つひと』全3部作がコミックス特装版第6巻・7巻・8巻に同梱される形で発売された。そして満を持してテレビアニメ化する運びとなった。

 アニメーション制作を務めるのは『進撃の巨人』や『甲鉄城のカバネリ』、そして『魔法使いの嫁 星持つひと』でも映像化を担ったWIT STUDIOが担当。そのほかにも監督・シリーズ構成の長沼範裕やキャラクタデザインの加藤寛崇なども“星持つひと”から引き継がれ、キャストもチセ役・種崎敦美(崎はたつさき)、エリアス役・竹内良太、ルツ役・内山昂輝、シルキー役・遠藤綾でそれぞれ続投する。

 また、テレビアニメ化を記念して貴重な原作コミック原稿やイラスト原画が展示される「魔法使いの嫁 原画展」の開催も決定した。会場は都内・アキバCOギャラリーで、開催期間は5月3日~5月21日。チケットは前売り券が700円、当日券が900円、数量限定特製しおりセット付きチケットの前売り券が2700円、当日券が2900円。チケットの販売はアニメイト店頭、アニメイトタイムズ、イープラス、チケットぴあ、ローソンにて3月18日10時から販売がスタートする。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top