探偵なのに謎を解かない?今春の月9新ドラマは相葉雅紀主演の「貴族探偵」に決定 | RBB TODAY

探偵なのに謎を解かない?今春の月9新ドラマは相葉雅紀主演の「貴族探偵」に決定

30周年を迎える今春の月9ドラマでは、これまでにない探偵ドラマ「貴族探偵」が放送されることが決まった。主演は相葉雅紀が務め、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵など、豪華キャストの出演も決定している。

エンタメ 映画・ドラマ
探偵なのに謎を解かない?今春の月9新ドラマは相葉雅紀主演の「貴族探偵」に決定
  • 探偵なのに謎を解かない?今春の月9新ドラマは相葉雅紀主演の「貴族探偵」に決定
 30周年を迎える今春の月9ドラマでは、これまでにない探偵ドラマ「貴族探偵」が放送されることが決まった。主演は相葉雅紀が務め、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵など、豪華キャストの出演も決定している。

 従来の探偵ドラマでは、主人公が推理をして謎を解くというのが定石だが、「貴族探偵」は、まさかの “主人公が推理をせずに謎を解く”前代未聞のミステリードラマ。ドラマの原作は、麻耶雄嵩による本格推理小説「貴族探偵」と続編の「貴族探偵対女探偵」で、異様な殺人事件の裏にあるトリックを破るべき主人公が、一切の推理をしないという、推理小説の既成概念を打ち砕く前代未聞の内容だ。

 相葉雅紀演じるドラマの主人公は年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明。己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年。事件に出会った際には、警察の上層部に働きかけ、現場を指揮する鼻形雷雨(生瀬勝久)という刑事もしぶしぶ認める形で、事件解決に向けて関わっていく。貴族探偵のお手並み拝見、そう誰もが思ったところ、なんと捜査、推理をするのは彼を取り巻く召使たち。「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放ち、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている貴族にあっけにとられる周囲を尻目に、貴族へ絶対的な忠誠心を持つ山本(松重豊)という執事、田中(中山美穂)というメイド、佐藤(滝藤賢一)という運転手の3人が現場分析、証拠集めなど捜査へと動き始める。新米探偵(武井咲)を含め、いずれも見たこともないほど個性的で強烈にインパクトのある登場人物たちが織りなす物語は、ファンタジックでどこかコメディーな部分も点在。ドラマを見ていくうちに「もっと貴族のことを知りたい!」と魅了されること間違いなしだという。

 新ドラマ「貴族探偵」が放送されるにあたって、主演の相葉雅紀は「僕の演じる貴族の使用人たちは、本当に素晴らしい役者の方々ばかりなので、緊張します」としつつ、「今回ばかりは存分に“命令”をさせていただこうかと思います(笑)」と、貴族らしく先輩役者にも構わず"命令"することを宣言。新米探偵を演じる武井咲は「物語はもちろん、人間模様にもミステリーが隠されているのでご期待ください」と物語の見どころをコメントしている。「貴族探偵」は、4月スタート。毎週月曜午後9時から放送される。
《KT》

関連ニュース

特集

page top