平野ノラ、バブル森雪を披露……「宇宙戦艦ヤマト2202」完成上映会 | RBB TODAY

平野ノラ、バブル森雪を披露……「宇宙戦艦ヤマト2202」完成上映会

エンタメ その他

(c)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
  • (c)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
  • (c)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
2月6日、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章「嚆矢篇」の完成披露上映会が有楽町よみうりホールにて開催された。舞台挨拶にはスタッフ・キャストに加えて、お笑い芸人の平野ノラが登場。ヒロインの森雪をモチーフにしたコスプレ姿で会場を沸かせた。

イベントでは島大介役の鈴村健一、テレサ役の神田沙也加、監督の羽原信義、脚本の福井晴敏が登場。前作から続投した鈴村は「前作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2199』の若い雰囲気の島を経て、本作では頼りがいのある人間として演じました。皆さんはこれから燃え上がるような凄いフィルムをご覧いただくことになると思います。是非、最後までお楽しみ下さい」とメッセージを伝える。
本作で伝説の歌姫役に起用された神田は「大先輩の方々と一緒のアフレコでしたので、本当に緊張しました! 皆さんにご覧いただくのが、いちヤマトファンとして楽しみにしています」と笑顔を見せた。

スペシャルゲストには芸人の平野ノラがバブル森雪ver.として登場。「今年の流行語大賞に“ヤマトバブリー”を狙いたいと思っています。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(1978年)と同じ年なので、ヤマトを転がしてきたと言えるようなビッグな女性になります」と意気込みを見せた。
シリーズ構成の福井は「精魂こめて作りました第一章は完成しましたが、(第七章まで)まだまだ先は長いです。これから皆さんと一緒にヤマトは走って行けたらと思っています」と今後への抱負を語る。そして羽原信義監督は「線一本一本、一色一色、スタッフ一同手を込め、想いを込めて作りました。暖かい目で見ていただければと思います。たくさんの想いが詰まったフィルムを、是非楽しんで下さい」とファンに向けて言葉を送った。


なお第一章のエンディング主題歌は『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』「ヤマトより愛をこめて」(沢田研二)に決定した。YouTubeでは同曲を用いた新PVを公開中だ。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章「嚆矢篇」
2017年2月25日(土)より全国15館にて2週間限定劇場上映
劇場にて特別限定版Blu-ray先行発売 シリーズ全七章劇場上映決定

(c)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

「宇宙戦艦ヤマト2202」完成上映会に鈴村健一、神田沙也加が登壇 平野ノラはバブル森雪を披露

《高橋克則》

関連ニュース

特集

page top