川合俊一、ASKAとの飲み会でお茶すりかえ事件「解明できた」 | RBB TODAY

川合俊一、ASKAとの飲み会でお茶すりかえ事件「解明できた」

 1日放送の『バイキング』に、元バレーボール日本代表でタレントの川合俊一が出演。覚せい剤取締法違反容疑で逮捕後、不起訴処分となったASKAと会って話したことを明かした。

エンタメ 映画・ドラマ
 1日放送の『バイキング』(フジテレビ)に、元バレーボール日本代表でタレントの川合俊一が出演。覚せい剤取締法違反容疑で逮捕後、不起訴処分となったASKAと会って話したことを明かした。

 川合によれば、ASKAとは川合が大学生のころからの長年の友人で、ASKAがブログで明かしたところによれば「俊ちゃん」と呼ばれるほどの仲。「飯食いに行かない?」とASKA側から電話がかかり、元競輪選手・中野浩一も同席したのだという。「何年か前、事件のちょっと前に会った時は暗いなぁって感じだった」というが、この日のASKAは30年前の雰囲気に戻ったように「ものすごい活力があった」のでびっくりするほどだったという。

 川合は「言える話と言えない話はある」としながらも、ASKAが逮捕時の任意の尿検査で、尿とお茶をすり替えて検査容器に入れたと語っている件については「解明できた」ときっぱりと明言。ASKAが自分から語ってくれたのだというが、詳しい内容については語らなかった。

 また、長年ASKAとつきあいがある川合は、ASKAがブログなどで再々盗聴やアカウント乗っ取りについて主張している件についても、ASKAが覚せい剤との関与が取り沙汰される以前、十年以上前からずっと「盗聴されている」と言っていたと語った。

 この日番組では、坂上忍もまたASKAと直接対面したことを明かし、会話の一部始終を語った。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top