注目集まる忘れ物防止タグ市場!フランス生まれの新製品が参入 | RBB TODAY

注目集まる忘れ物防止タグ市場!フランス生まれの新製品が参入

IT・デジタル その他

「Wistiki」は世界的な工業クリエイターであるフィリップ・スタルクがデザインした落とし物追跡BLEタグ。重さは11g、充電不要で24ヶ月使用可能(画像はプレスリリースより)
  • 「Wistiki」は世界的な工業クリエイターであるフィリップ・スタルクがデザインした落とし物追跡BLEタグ。重さは11g、充電不要で24ヶ月使用可能(画像はプレスリリースより)
  • 鍵や傘に適したシンプルなスティックタイプの「ヴォワラ!」は2月1日発売、ペットの首輪に通しやすいペンダントタイプの「アッハ!」は3月24日発売(画像はプレスリリースより)
  • スマホから「Wistiki」の呼び出しベルを鳴らしたり、「Wistiki」からスマホを鳴らすことができる。家の鍵につけて家族で位置情報を共有することも可能(画像はプレスリリースより)
  • 「忘れモノ防止アラート」機能でWistikiとの距離が離れると自動で通知。万一紛失した場合は他のWistikiユーザーが近くを通ると位置情報が更新される(画像はプレスリリースより)
 何かと話題にのぼることが増えた「IoT」だが、実用例の1つとして注目を集めているのが、BLEタグなどを使った忘れ物防止タグだ。

 MAMORIOの落し物追跡タグ「MAMORIO」やナノ・ユニバースの見守りタグ「biblle tag」、ブルーグリーングループが提供するBluetoothロケ-ター「Chipolo」(チポロ)など、複数の会社が製品を発売し、市場が盛り上がっている。

 そうした中、仏・Wistiki社と美貴本は24日、探し物の発見をサポートするBLEタグ「Wistiki(ウィスティキ)」の販売予約受付を開始した。

 スティックタイプの「voila!(ヴォワラ!)」を2月1日に、ペンダントタイプの「aha!(アッハ!)」を3月24日に国内で販売開始する。

 「Wistiki」は墨田区の「スーパードライホール」などを手掛けたフランスの工業クリエイター、フィリップ・スタルクがデザインを手掛けたスマートアクセサリー。素材や加工も含めて100%フランス製という点が本製品の特徴の一つになっている。

 スマートフォンやタブレットのBluetooth機能と連動させることで、探し物をサポートすることが可能。スマートフォンからWistikiの呼び出しベルを鳴らしたり、逆にWistikiのボタンを押してスマートフォンを鳴らすことができる。

 Wistikiとの距離が離れたときに通知する「忘れモノ防止アラート」機能や、距離が近づいたときに通知する「近づきアラート」を搭載。アプリ上でWistikiとの距離を表示できるほか、複数ユーザーで1つのWistikiの位置情報を共有できるため、例えば家の鍵に付けて家族全員で確認するといった使い方ができる。

 万一紛失した場合はGPSによりマップ上で最後に通信した位置を確認できる。また他のWistikiユーザーが近くを通るとアプリを通して匿名で現在のWistikiの位置情報が更新されるため、ユーザーが増えるほど紛失物を発見しやすくなる。

 スティックタイプの「ヴォワラ!」は鍵やカバン、傘などシーンを選ばないシンプルなデザイン。「アッハ!」はペットの首輪に通しやすいペンダントタイプ。使用電池はCR2032、電池寿命は約2年、防水使用で通信有効距離は最大100mなど、基本的な機能に違いはない。

 対応OSはiOS8以上、Android4.4.2以上。参考小売価格は「ヴォワラ!」「アッハ!」ともに5,980円(税別)。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top