佐藤栞里、滝沢カレンの日本語に「感動しちゃって」 | RBB TODAY

佐藤栞里、滝沢カレンの日本語に「感動しちゃって」

2016年の番組出演が230本、『笑ってコラえて!』などで見せる誰とでも仲良くなれる天真爛漫さでブレイクした佐藤栞里が22日の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)に出演。ずっと劣等感を抱いているモデル仲間を明かした。

エンタメ 映画・ドラマ
 『笑ってコラえて!』などで誰とでも仲良くなれる天真爛漫さを見せ、昨年の番組出演数は230本にのぼるという佐藤栞里が22日の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)に出演。ずっと劣等感を抱いているモデル仲間を明かした。

 「バッ!って投げられたボールをパン!ホームラン!みたいな」と佐藤が言葉のセンスを評価したその相手とは滝沢カレン。3年前、2人が初対面のときに、滝沢が「交通の便が良い」と言おうとして「便通が良い」と言ったのを聞いて以来、滝沢が独特の日本語で笑いを取るのを羨ましく思っていたという。

 MCの宮迫博之は「落ち込む必要ないというか、あれ(滝沢)は別種の生き物やからね」と佐藤をフォローしたが、佐藤は「そう言ってもらえる個性がある事が羨ましい」と引かず。「首つまり」を「首吊り」と滝沢が言い間違えたことを「感動しちゃって」と称賛する佐藤はスタジオの笑いを誘った。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top