斎藤工、話題の「絶対に笑ってはいけない」怪演に心境告白 | RBB TODAY

斎藤工、話題の「絶対に笑ってはいけない」怪演に心境告白

エンタメ その他

斎藤工
  • 斎藤工
  • 斎藤工 <撮影 鶴見菜美子>
 俳優の斎藤工が『PON!』(日本テレビ)に出演。イケメンらしからぬぶっ飛んだネタ披露の様子で話題となった『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』への出演を決意した理由や裏話、その後の心境などについて語った。

 『絶対に笑ってはいけない』で斎藤工は絶叫ネタで知られるお笑いタレント・サンシャイン池崎のグレードアップバージョンとして登場。「空前絶後の超絶怒涛のセクシー俳優!セクシーを愛し セクシーに愛された男!」と目を見開いて絶叫ネタを披露、普段のイケメンとのあまりのギャップに話題となった。

 この日の「PON!」でのインタビューでは出演理由を「大ファンな番組だったし世代的にもドンピシャで、リスペクトをこめて」だったと明かし、「やるならば番宣ぽく参加するんじゃなくてタマ(命)を取りに......覚悟がないと失礼だなと思った」と体を張ってネタを披露したことを明かし、「放送ではカットされていたけど本当はもっと(セリフが)長かった」という裏話も飛び出した。

 番組のインタビューアー・丸山礼がサンシャイン池崎の事務所の後輩で、池崎が斎藤人気に便乗しており、「街中で『斎藤』と声をかけられている」ものの「普段は死んだ魚の眼」だと語ると斎藤はすかさず「僕も死んだ目をしてるんですよ。他人とは思えないほどシンパシーを感じて…...僕は池崎なんじゃないか、斎藤はどっちだ、と(なってしまった)。僕は池崎なのかもしれない……」となぜか真面目に返答。俳優らしくすっかり役にのめりこんでしまったことを明かした。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top