内閣府のプロジェクト「防災4.0」で防災事業アイデアを公募! | RBB TODAY

内閣府のプロジェクト「防災4.0」で防災事業アイデアを公募!

 内閣府は、地球温暖化等の気候変動により今後激甚化が予想される災害に備えるため、「民間企業からのアイデア募集」と「市民参加のハッカソン開催」を2つの柱とする「防災4.0」プロジェクトを立ち上げ、広くアイデアを募集している。

IT・デジタル その他
「防災4.0」は内閣府による、「災害リスクに備えられる日本」を創るための取り組み。激甚化が予想される災害に備え、最新のICT技術などを活用し新たな防災・減災対策の構築を目指す(画像は公式Webサイトより)
  • 「防災4.0」は内閣府による、「災害リスクに備えられる日本」を創るための取り組み。激甚化が予想される災害に備え、最新のICT技術などを活用し新たな防災・減災対策の構築を目指す(画像は公式Webサイトより)
  • 「防災関連事業アイデア」の応募要項。「ビックデータやAIなど最新のICT技術の活用」「業種間連携による今まで活用できていなかったデータの活用」「国や自治体保有データの活用」のいずれかの要件を満たすアイデアを募集する(画像は公式Webサイトより)
  • ハッカソンの応募要項。ハッカソンとは「ハック」と「マラソン」をあわせた造語で、多様な参加者同士で少数のチームを組み、短期間で集中的にソフトウェアの開発や課題の解決を行う事を目的としたアプリ開発イベントのこと(画像は公式Webサイトより)
 内閣府は、地球温暖化等の気候変動により今後激甚化が予想される災害に備えるため、「民間企業からのアイデア募集」と「市民参加のハッカソン開催」を2つの柱とする「防災4.0」プロジェクトを立ち上げ、広くアイデアを募集している。

 「防災4.0」というプロジェクト名は、我が国の戦後の防災に関する取組の大きな転換点となった3度の大災害を踏まえたもの。

 1959年の伊勢湾台風、1995年の阪神・淡路大震災、そして2011年の東日本大震災という大災害のたびごとに講じられてきた措置を、それぞれ「防災1.0」「防災2.0」「防災3.0」として、激甚化に備えるためのこれからの取組という意味が込められているという。

 2つの柱のうちの1つ目である「民間企業からのアイデア募集」では、災害発生から復興までの様々なフェーズで生じる課題をICT技術を用いて解決する「防災関連事業アイデア」を募集。

 「従来の行政的な対応を超え、業種ごとの枠組みを融合すること」を主眼に、企業や研究機関等を対象として「ビックデータやAIなど最新のICT技術の活用」「業種間連携による今まで活用できていなかったデータの活用」「国や自治体保有データの活用」のいずれかの要件を満たすアイデアを募る。

 2つ目の「市民参加のハッカソン開催」では、市民一人一人が防災を「自分ごと」と捉え「自分に合った防災」を考えられるような「防災を自分ごとにするアイデア・アプリ」をテーマに、エンジニアやデザイナー、防災に関心のある全ての個人を対象に参加者を募集する。チームでのエントリーも可能。

 企業からの事業アイデア募集期間は11月25日から12月22日まで、必要に応じてヒアリングを実施する。ハッカソンの開催日は2017年1月21日・22日の2日間、会場は東京都千代田区のYahoo! JAPAN「LODGE」。ハッカソン参加の申込期間は12月1日から1月10日まで。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top