360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能 | RBB TODAY

360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能

IT・デジタル モバイル

360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能
  • 360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能
  • 360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能
  • 360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能
  • 360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能
  • 360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能
  • 360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能
  • 360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能
  • 360度カメラ「Pi SOLO」登場!撮影者が写り込まず、LIVE映像のSNS共有も可能
 Quanta Computerの研究部門であるQuanta研究所のCTOを務めるDr.Ted Chang氏が、クラウドファンディングサイトMakuakeにて、360度カメラ「Pi SOLO(パイソロ)」の出資受付を開始している。

 「Pi SOLO」は、スマートフォンに装着/連携(Wi-Fi)して、高画質で静止画と動画を撮影できる360度カメラで、画角を気にする事なく、周囲の風景が撮影可能。撮影した風景は、複数の視点から見ることができるため、友人や家族などが後になって映像などを見たときでも、時間的・空間的な制約を越えて、その場の臨場感を再び感じることができる。

 従来の360度カメラは、撮影者も写り込んでしまうケースがあったが、「Pi SOLO」であれは縦187度を映し出すので、周囲の風景のみを撮影することが可能。

 16MPのイメージセンサーおよび4Kのイメージクオリティ機能を搭載しているので、撮影品質は高く、専用のスマートフォンアプリと連携すれば、モードなどの細かな調整もできる。撮影した写真や動画は、即座にLIVE動画としてSNS共有が可能だ。

 本体重量は66グラムと軽量で、持ち運びも便利。スマートフォンへの取り付けは、付属のアクセサリを用いて行う。

 本体カラーは白と黒の2色展開で、11月中であれば、24,500円の出資で入手が可能(12月は26,100円と値上がりする)。出荷は2017年2月が予定されている。

《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top