斎藤工 “第2の故郷”岡山愛をアピール!……『種まく旅人 夢のつぎ木』舞台挨拶 | RBB TODAY

斎藤工 “第2の故郷”岡山愛をアピール!……『種まく旅人 夢のつぎ木』舞台挨拶

エンタメ 映画・ドラマ

高梨臨、斎藤工『種まく旅人 夢のつぎ木』初日舞台挨拶
  • 高梨臨、斎藤工『種まく旅人 夢のつぎ木』初日舞台挨拶
  • 斎藤工『種まく旅人 夢のつぎ木』初日舞台挨拶
  • 高梨臨『種まく旅人 夢のつぎ木』初日舞台挨拶
  • 斎藤工『種まく旅人 夢のつぎ木』初日舞台挨拶
  • 斎藤工『種まく旅人 夢のつぎ木』初日舞台挨拶
  • 高梨臨、斎藤工『種まく旅人 夢のつぎ木』初日舞台挨拶
  • 『種まく旅人 夢のつぎ木』初日舞台挨拶
高梨臨が主演を務める『種まく旅人 夢のつぎ木』の初日舞台挨拶が11月5日(土)、都内で行われ、高梨さんをはじめ、共演する斎藤工、津田寛治、海老瀬はな、安倍萌生、佐々部清監督が登壇した。

東京で女優になる夢を捨て、生まれ育った岡山県赤磐市の市役所に勤める彩音(高梨さん)が、全国屈指の桃の名産地でもあるこの地で、亡き兄がつぎ木で作り出した新種「赤磐の夢」の品種登録を目指す。一方、東京から農林水産省の若き官僚・治(斎藤さん)がやって来て、2人の距離は少しずつ近づいていく。

「これからもずっと大切だと思える作品。公開されるのはうれしいですが、終わってしまうさみしい気持ちもあります」と本作への強い思い入れを語る高梨さん。佐々部監督からは「台詞を伝えようとしないでいい」と指示があったそうで、「役作りしない役作りを心がけた。赤磐市の空気や皆さんの人柄を感じながら、自分の思ったまま、素直に演じた」とふり返った。

片や斎藤さんは「空気の読めない、自分でも友だちになりたくないなという役作りをした」といい、「そんな人間が赤磐に来て、人や土、農産物に触れて、第2の故郷に馴染んでいく姿を切り取ってもらった。今日も岡山デニムを衣装として取り入れて、岡山愛をアピールしています」。すると、津田さんが「これ?」と斎藤さんの下半身に手を伸ばし、斎藤さんは「いま、きわどいところを…」と冷や汗を流していた。

『種まく旅人 夢のつぎ木』は公開中。

斎藤工 “第2の故郷”岡山愛をアピール!なぜかキワドい展開に…?

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top