企業向け災害情報配信サービスに通行規制情報など新機能を追加 | RBB TODAY

企業向け災害情報配信サービスに通行規制情報など新機能を追加

IT・デジタル ソフトウェア・サービス

プローブデータを利用した通行実績のある路線情報や日本道路交通情報センター(JARTIC)から提供される道路交通情報を用いて、通行規制情報を地図上に可視化。迂回ルート探索も可能(画像はプレスリリースより)
  • プローブデータを利用した通行実績のある路線情報や日本道路交通情報センター(JARTIC)から提供される道路交通情報を用いて、通行規制情報を地図上に可視化。迂回ルート探索も可能(画像はプレスリリースより)
  • 気象庁が発報する指定河川洪水予報を用いて、対象河川と観測所と浸水想定区域を地図上に可視化。川の防災情報(国土交通省)へリンクし、現在の水位情報を確認することも可能だ(画像はプレスリリースより)
 パスコは、企業向け災害情報配信サービス「災害リスク情報サービス:DR-Info(ディーアール・インフォ)」の機能を強化し、ver.3.0として1日から販売を開始したことを発表した。正式サービスの開始は10月から。

 「DR-Info」は気象庁から提供される雨量・風速などの予測情報と、道路・鉄道などの規制条件を総合的に評価し、実際の被害予測をプッシュ型で通知するサービスを軸に、自然災害のリスク評価や大規模災害発生時の被害状況提供などを行うサービス。

 今回の機能強化では、通行止めなどの通行規制情報を地図上に可視化する機能や、通行止めを加味した迂回ルート探索機能を追加。また気象庁が発報する指定河川洪水予報を用いて、対象河川と観測所と浸水想定区域を地図上に可視化することも可能になる。

 他にも、これまで都道府県単位で区分していたアラート検知を細分化し、アラートの発生地域をより明確化。東京都の場合は諸島など4つのエリアに区分されるなど、全国47都道府県の区分が142区分に細分化されるようになる。また社外での使用を想定し、タブレット端末にも対応する。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top