林家たい平が告白!減量中に笑点メンバーのあの人がやらかしたボケサポート | RBB TODAY

林家たい平が告白!減量中に笑点メンバーのあの人がやらかしたボケサポート

エンタメ その他

 24時間テレビのチャリティーマラソンにチャレンジし、見事完走を果たした林家たい平。今回の完走を支えたのは、家族と、そして何よりも闘病中の林家こん平師匠など「笑点」メンバーとの絆だろう。

 この日の「行列のできる法律相談所」は武道館から生放送。マラソンを終えたばかりのたい平が登場し、スタジオでたい平を迎えた「笑点」メンバーたちの大喜利さながらのデコボコサポートぶりが明かされた。

 MCの東野に「笑点」メンバーのサポートぶりを聞かれたたい平は「(やり方が)デコボコでもう、サポートしているのかしていないのか……」と裏話を語り出したが、「最悪は、木久蔵師匠!」と断言。たい平は、「膝に負担がかかるから10キロ痩せるのに、とりあえず炭水化物やめよう!と思った初日に、木久蔵師匠が木久蔵ラーメン持ってきたんですよ!」と暴露。これを聞いた木久蔵師匠は、「あたしゃ、当たり前のことやるの大っ嫌いなんですよ。秩父の山の中駆けずり回ってるんだから、あれくらいのマラソンなんでもない」と、いつもの木久蔵らしいボケで対応、スタジオは大笑いに。サポート話は「山田さんは、練習会場に一度も来ない」といつもの「笑点」な流れでオチがついた。

 木久蔵ラーメンといえば、「笑点」では「犬も食わない」「返品された」などしばしネタにされながら、実はラーメン通にも本格派中華そばとして知られる逸品。これからのキャッチフレーズはは、一粒300mならぬ、一杯100.5kmかも?
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top