最大4枚のSIMカードを簡単に切り替え!Cerevo、ドコモと協業し「SIM CHANGER デルタ」発表 | RBB TODAY

最大4枚のSIMカードを簡単に切り替え!Cerevo、ドコモと協業し「SIM CHANGER デルタ」発表

IT・デジタル モバイル

新製品をアピールするCerevo 代表取締役の岩佐琢磨氏
  • 新製品をアピールするCerevo 代表取締役の岩佐琢磨氏
  • SIM CHANGER デルタ(写真は開発中のもの。形状、仕様などは変更される可能性がある)
  • 最大4回線のSIMカードを自由に切り換えて使用できる新製品「SIM CHANGER デルタ」
  • スマートフォンの専用アプリ上でワンタップすることでSIMを切り替えられる
  • スマートフォンには、SIMカードと同形状のBluetoothデバイス「ブリッジカード」を挿入して使う
  • コモの技術を核にして製品化した。説明会にはNTTドコモ R&Dイノベーション本部 移動機開発部長の徳弘徳人氏が登壇して挨拶した
 Cerevoは2日、最大4回線のSIMカードを自由に切り替えて使用できる新製品「SIM CHANGER デルタ」を発表した。同日からクラウドファンディングがスタートしたが、すでに成功を果たしており、来春から一般にも販売される見通しだ。価格は1万800円(税込、以下同)から。

 SIM CHANGER デルタは、最大4回線のSIMカードが挿さるデバイス。スマートフォンに挿し込んだSIMカードと同じ形状のデバイス「ブリッジカード」とBluetoothで通信することで、スマートフォンの専用アプリ上でSIM CHANGER デルタに挿し込んだSIMカード(最大4枚まで)を任意に選べるようになる。

 海外では、国ごとに使用できるSIMカードが異なる。このため、Cerevoでは海外出張の多い利用者に向けて同製品を訴求していきたい考え。ゆくゆくは海外での販売も見込んでいる。このほか、国内の利用者には複数の通信事業者(格安SIMサービスを提供するMVNOを含む)が提供するSIMカードを組み合わせて使える点も、大きなメリットになりそうだ。説明会に登壇したCerevo 代表取締役の岩佐琢磨氏は、「会社用SIM」+「会社に知られても良い個人用SIM」+「会社に知られたくない個人用SIM」を必要に応じて使い分けられる、と冗談を交えて紹介していた。

 対象OSはiOS、Android端末。上述の「1台のモバイル端末+複数のSIMカード」という使い方のほかに、「複数のモバイル端末+1枚のSIMカード」といった使い方もできるという。例えばiPhoneとAndroidの両方にブリッジカードを挿入しておくことで、1枚のSIMカードをOSの異なる2台で使いまわすことができる。
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top