格安スマホ「TONE」が大幅アップデート! 石田社長「最も安心してポケモンGOが遊べる環境」 2ページ目 | RBB TODAY

格安スマホ「TONE」が大幅アップデート! 石田社長「最も安心してポケモンGOが遊べる環境」

トーンモバイルは昨年の11月に発売したSIMフリースマートフォン「TONE m15」を対象としたソフトウェアアップデートを実施する。本日実施された記者会見の場でトーンモバイルの石田社長が内容の説明を行った。

IT・デジタル スマートフォン
トーンモバイルの石田宏樹氏
  • トーンモバイルの石田宏樹氏
  • シンプルな利用形態が人気を集めるトーンモバイルの格安スマホ
  • ユーザーの声を受けて基本性能が改善された
  • IP電話のつながりやすさを改善
  • カスタムケースの製作サービスを実施
  • スマホの最新端末への買い替えも促進する
  • ポケモンGOへの親和性の高さもアピール
  • 歩きスマホや危険なエリアへの立ち入りを防ぐための機能を充実させた
■トーンのスマホはポケモンGOにも最適

 話題を振りまく「ポケモンGO」へのトーンモバイルとしての対応についても紹介された。石田氏はトーンモバイルのスマホが「最も安心してポケモンGOを遊んでいただける環境を提供できる端末」だと強調する。その理由として、家族でトーンモバイルのスマホを利用するユーザー向けに提供する「TONEファミリー」の機能の充実を挙げる。石田氏は「お子様の歩きスマホ防止、危険なエリアに入らないための時御ディフェンス機能、あるいは歩数管理による熱中症対策」が有効と語る。またm15のバッテリー性能が向上することにより、m15が大人にとっても快適にゲームが遊べるスマホになるだろうとした。

 石田氏は「これらのサービスは、スマホやモバイルサービスの将来を見越して当社が仕込んできたものばかり。ARとリアルをつなぐアプリは今後続々と出てくるものと思うが、スマホキャリアは責任を持ってユーザーのために快適なプレイ環境を提供していくべき」と持論を説いた。また、今後もポケモンGO対策のためのアップデートも実施していくという。

 トーンモバイルは、今後2017年3月までに全国200店舗の出店実現を目指す。現在まで全国各地のTSUTAYAなどで29店舗を開設しているが、今後はさらに出店のペースを上げていくという。そのためには全国に広がるTSUTAYA店舗との連携が効果を発揮するはずと述べた。

 石田氏は「私たちの生活はインターネット誕生のBefore/Afterで大きく変わった。さらにスマホが登場したことで、実体のなかったインターネットがリアルと結び付いて色んな体験を生んだ。いま世界的にスマホで生活のすべてをまかなう『スマホオール』という考え方が浸透しつつある。よく海外の方々に日本のインフラは高度だが高価と指摘されることがあるが、例えば店舗での買い物時の決済などスマホオールの社会インフラがより広がる必要があると考えている。日本独自のやり方を考えながら押し進めていくことが大事。スマホを軸にしたサービスも抜本的な変化が求められている時代だが、トーンモバイルとして最も安心・安全なサービスをかたちにしていきたい。そのために、ハード・ネットワークを自社内で垂直統合できる環境を強みとして意識しながら、より丁寧な技術開発を重ねていきたい」と抱負を語った。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top